アンチエイジングに効くスキンケア方法!始め時はいつ?

アンチエイジングアイキャッチ

「いつまでも若々しくキレイでいたい」という女性なら誰もが持っているそんな願い。
そろそろアンチエイジングに取り組もうと思っているけれど、具体的なスキンケアが分からないという人も多いはずです。
 
一口にアンチエイジングといっても、年齢や悩みによってスキンケアの方法はさまざま。
今回は、アンチエイジングを始める時期や効果的なスキンケアをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

アンチエイジングを始める時期

アンチエイジング1

アンチエイジングとはよく聞くけれど、一体いつごろから始めるのがいいのでしょうか?
はじめに、エイジングケアを始めるタイミングや世代別のスキンケア方法をご紹介していきます。

エイジングサインをチェックしよう

「エイジングサイン」とは、年齢を感じさせる肌の状態のこと。
多くの場合30~40代頃から気になり始めますが、ストレスや疲労が溜まっている方だと、20代からエイジングサインが見られることもあります。
これらのエイジングサインが出始めたら早急にスキンケアに取り組み、それ以上見た目年齢を上げないようにしましょう。

【主なエイジングサイン一覧】

  • シワ・小じわ
  • ほうれい線
  • ハリの衰え
  • たるみ
  • 肌のキメの乱れ
  • 毛穴の開き
  • 色素沈着やシミによる色ムラ
  • 血色や顔色の悪さ など

世代別アンチエイジングのスキンケア

アンチエイジングのスキンケア方法は年齢によっても異なります。
適したスキンケアで年相応の健康的な美しさをキープしていきましょう。
 

 20代のアンチエイジング
20代は生活習慣や食生活が乱れやすく、肌への負担が多くなりやすい世代です。
皮脂の分泌量も多いため、ニキビや肌荒れなどのトラブルに悩まされやすい時期でもあります。
まだ若いから大丈夫と思わず、ライフスタイルを見直していくことがアンチエイジングに繋がります。
 
また、ストレスやホルモンバランスの乱れなどにより、20代でもエイジングサインが現れることがあります。
小さなエイジングサインを見逃さず、早めにスキンケアを取り入れることで若々しさをキープすることができますよ。
 
20代のうちは高価な化粧水や美容液を取り入れるよりも、紫外線対策や生活習慣を整える方がアンチエイジングに効果的です。
偏食、運動不足、睡眠不足などに気をつけながら、ちょっとしたスキンケアを見直していくようにしましょう。
 30代のアンチエイジング
30代は仕事や家事に忙しく、エイジングサインが気になりやすくなる世代です。
日々の忙しさのあまり、スキンケアのことにあまり意識が向かないことも。
また、女性ホルモンの量が減少したり、新陳代謝が落ちはじめたりする時期でもあるため、肌のターンオーバーが遅れがちになります。
20代の頃に見られた皮脂の分泌は徐々に落ち着いてくるので、スキンケアは保湿を重視して肌の潤いを保ちましょう
 40代のアンチエイジング
40代はシワやたるみなどのエイジングサインが目立ちはじめ、老化の影響がハッキリと出てくる世代です。
女性ホルモンの量がガクッと落ち、肌質も大きく変化します。
そのため、20~30代で使っていた化粧品を使い続けることが難しくなります。
ホルモン量の減少とともに肌の水分量も減っていくため、特に保湿力の高いエイジングケア化粧品を選ぶようにしましょう。
化粧水や乳液だけでは補いきれないと感じた場合は、美容液やパックなども積極的に取り入れてみてください。
 50代以降のアンチエイジング
一般的には45歳〜55歳頃の時期が更年期にあたると言われており、女性ホルモンの分泌量が大幅に減少します。
コラーゲンの生成量も一気に減ることで肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみが目立つようになります。
50代以降の肌にとって最も気をつけなければならないのが、乾燥対策です。
保湿成分が配合されている化粧水はもちろん、メーカー独自の研究で生まれたアンチエイジング成分を配合した化粧品も取り入れていくと効果的です。

アンチエイジング化粧品の取り入れ方

アンチエイジング2

次に、アンチエイジング化粧品の効果的な取り入れ方についてご紹介します。
アンチエイジング成分や正しいスキンケアの方法を抑え、アンチエイジングの効果を高めましょう。

アンチエイジングのスキンケアに効果的な成分

アンチエイジングを代表する美容成分には、以下のようなものがあります。

コラーゲン
肌の弾力性を保つタンパク質。肌の乾燥を守り、バリア機能を高めます。
ヒアルロン酸
体の水分保持に必要な成分。水分や潤いを与え、肌表面を乾燥から守ります。
エラスチン
コラーゲンを支える繊維。肌の弾力を生み出し、肌のたるみやシワなど改善します。
セラミド
肌のバリア機能を高める成分。肌の保湿や柔軟性を維持する働きがあります。
レチノール
ビタミンAの別名。ニキビや肌荒れを改善、新陳代謝を活発にする働きがあります。
ビタミンC
強い抗酸化作用をもつ成分。老化の原因となる活性酸素を取り除きます。
アミノ酸
タンパク質のもとになる物質。肌の表面では保湿成分として、肌の内側ではコラーゲンやエラスチンの材料になります。

正しいスキンケアのコツ

アンチエイジングにふさわしい化粧品を使うなら、正しいスキンケア方法で効果を高めましょう。
 
まず洗顔についてですが、たっぷりと泡を立てて肌を指で擦らないよう注意してください。
肌を乾燥させてしまうため、熱いお湯で洗顔するのはNG。
加齢によって皮脂の分泌量は徐々に減っていくため、朝の洗顔はぬるま湯のみに切り替えるようにしていきましょう。
 
次に、化粧水・乳液など基礎化粧品の使い方ですが、適量を手で軽く温めてから使うと乾燥した肌にもよくなじみます。
洗顔後は肌の水分が蒸発しやすいので、手早くスキンケアを済ませましょう。
特に目元や口元の乾燥が気になる際は、乳液・クリームなどを重ね付けすると効果的です。
 
アンチエイジングの効果を得たいからといって、顔をゴシゴシ洗ったり、化粧水を叩き込んだりするのはNG。
また、ナイトクリームは紫外線に弱い成分が入っていることがあるので、朝に使用したい時は要注意。
クリームの使用方法をよく読み、正しい使い方をするようにしてください。

プラセンタを使ったアンチエイジング

アンチエイジング3

アンチエイジングを謳う化粧品はたくさんありますが、効果がなかなか感じられないという方も少なくないはず。
そんな時は、基礎化粧品の切り替えとともに「プラセンタ」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

プラセンタのアンチエイジング効果

今話題のプラセンタとは、哺乳動物の胎盤から抽出したエキスのこと。
プラセンタには細胞分裂や心身代謝を促進させる「成長因子(グロースファクター)」という特殊な物質を含んでおり、優れたアンチエイジング効果を発揮します。
 
また、プラセンタにはタンパク質・ビタミン・アミノ酸といったアンチエイジング成分も豊富に含まれているため、食生活が乱れがちな方にもおすすめ。
肌の外側からアプローチする化粧品と異なり、身体の内側から若返りをサポートしてくれるのがプラセンタの特徴です。

アンチエイジング目的でプラセンタを取り入れるには?

プラセンタを摂取する方法は、主に注射・サプリメント・ドリンクの3種類があります。
これらの特徴を簡単にまとめますので、年齢や目的に合った方法で取り入れてみてください。
 
 注射
プラセンタ注射は吸収率が高く、最もアンチエイジング効果が高いといわれています。
化粧品ではなかなか効果が現れない、50代以降のアンチエイジングにもおすすめです。
ただし医療機関のみの取り扱いとなっているため、1~2週間に1回ほど継続して通院する必要があります。
また、美容目的の場合は保険適応外となるため、1アンプルあたり1000~2000円程度の費用がかかります。
 
 サプリメント
プラセンタサプリは医薬品ではなく健康食品にあたりますので、ドラッグストアや通販などで手軽に入手できます。
使用しているプラセンタは豚・馬などヒト以外の哺乳類ですが、継続して摂取することで注射同様の効果を得られるといわれています。
1ヶ月あたり1,000~2,000円程度からはじめられる商品が多いため、早めにアンチエイジングを取り入れたい20~30代の女性にもおすすめです。
 
 ドリンク
プラセンタドリンクは液体のため吸収率が高く、効果が早めに実感しやすいといわれています。
ただし1本あたり300~500円と高値な商品が多く、毎日継続して摂取するのには不向きです。
疲れやストレスによる老け顔をすぐにでも改善したい、という時の応急処置として取り入れるとよいでしょう。

まとめ

アンチエイジング4

エイジングサインや年齢によって、アンチエイジングのスキンケア方法は異なります。
アンチエイジングをはじめるのに早すぎるなんてことはありませんから、できるだけ早くエイジングケアを取り入れていきたいですね。
化粧水ではなかなか効果が実感できないという場合は、身体の内側からスキンケアができるプラセンタを取り入れてみるのもおすすめです。

おすすめNo.1プラセンタ