肌を綺麗にする方法は?美肌作りのためのスキンケアと生活習慣

女性なら誰もが憧れる綺麗な肌。
肌を綺麗にするにはさまざまな方法がありますが、間違ったスキンケアや習慣が肌に負担をかけてしまい、肌トラブルを引き起こしてしまっているということも少なくありません。
 
そこで今回は、肌を綺麗にするスキンケアや生活習慣をまとめました。
見逃しがちなポイントもたくさんあるので、ここでご紹介する方法を実践してみてください。

肌を綺麗にする方法の前に肌の状態をチェック!

美肌って?

まず、綺麗な肌の条件と自分の肌質を知っておきましょう。

そもそも綺麗な肌ってどういうもの?

綺麗な肌とは、以下のような状態の肌を指します。
 
●透明感のある白い肌
白い肌は、女性なら誰もが憧れる美肌の条件です。
ここで言う白い肌とは、不健康そうに見える青白さではなく、透き通るような白い肌を指します。
この透明感を生み出すには「肌の水分量」が重要となります。
 
●色ムラがない均一の肌色
化粧下地やコンシーラーなどを使って色ムラを整えている方も多いと思いますが、肌が綺麗な人は均一な肌色をしています。
色ムラの原因は、くすみや目の下のクマ、炎症などさまざま。
肌のターンオーバーを整えて、健康的な肌を保つことが大切になります。
 
●毛穴のないツルツルの肌
毛穴の凹凸がないことも綺麗な肌の条件です。
毛穴が開いていると肌がボコボコとした状態になる上、毛穴に黒ずみがでてきます。
また、毛穴が開いていると皮脂の分泌が過剰になり、オイリー肌やニキビの原因になることもあります。
肌トラブルを未然に防ぐためにも適切な毛穴ケアが必要です。
 
●ニキビや肌荒れのない健康的な肌
ニキビや吹き出物といった肌荒れは、乾燥・食生活・ストレスなどさまざまな要因で引き起こされます。
ニキビがあるだけで顔の印象はガラリと変わってしまうので、生活習慣を整えることが大切です。

肌質チェックをしてみよう!

綺麗な肌を目指す上で、まず知っておきたいのが自分の肌の状態です。
綺麗な肌の条件と自分の肌との違いをしっかり確認しておくことで、肌を綺麗にするためにすべきことが見えてきます。
 
また、自分の肌質を再度チェックしておくことも重要です。
ニキビができやすいから“脂性肌”、肌がつっぱるから“乾燥肌”……その自己判断、実は間違っているかもしれません。
日本には季節があるため気候によって肌質が変わりやすく、季節ごとの肌質チェックも大切になります。
 
肌質診断は、デパートやドラッグストアなどの化粧品コーナーで受けることができます。
ビューティーアドバイザーさんによる細かい分析や適切なアドバイスがもらえるのも魅力です。
 
肌質診断をしてもらう自信がない……という方は、家庭用のスキンチェッカーやスマホの肌質診断アプリでのセルフチェックがおすすめです。
水分量や皮脂量の結果で、自分の肌質を確認することができますよ。
 

  • 乾燥肌:水分量も皮脂量も少ない
  • 脂性肌:水分量も皮脂量も多い
  • 混合肌:水分量は少ないが皮脂量が多い
  • 普通肌:水分量は多いが皮脂量は少ない

 
肌質診断の結果をもとに、自分の肌質に合う化粧品やスキンケア方法を選んでみてください。

肌を綺麗にするスキンケア方法

スキンケア

エステや特別な化粧品を使わずとも、日々のスキンケア方法を変えるだけで綺麗な肌に近づくことができます。

肌を綺麗にする洗顔方法

洗顔で一番に気をつけなければならないのは、肌に必要な水分・皮脂を洗い流さないことです。
肌を洗いすぎてしまうと、乾燥肌やインナードライ肌の原因にもなります。
不必要な汚れだけを落とすことを心がけ、優しく洗うようにしてください。
 
洗顔する時は、肌をゴシゴシとこすらず、肌の負担をできる限り減らすことが大切です。
具体的には、以下のポイントを押さえて洗顔するようにしましょう。

  • 泡立てネットなどを使用して弾力のある泡を立てる
  • 指で肌を磨くのではなく、泡を滑らせて肌を洗う
  • 33℃~35℃のぬるま湯ですすぐ

 
乾燥肌など皮脂量が少ない方は、朝はぬるま湯だけの洗顔で済ませて、肌の負担を軽減させるのもよいでしょう。

肌を綺麗にするお手入れ方法

洗いすぎないように洗顔すれば皮脂が肌に残っている状態なので、その後のお手入れはシンプルで構いません。
化粧水や乳液をつけすぎないように気をつけましょう。
 
特に注意したいのは保湿クリームです。
保湿クリームは油分の配合量が多いため、肌質に合わない人は肌のターンオーバーを乱す原因になります。
どうしても乾燥が気になる場合は、目元や口元など乾燥が気になる部分にポイント使いするようにしてください。

肌を綺麗にする紫外線対策

紫外線は1年を通して降り注いでいるため、うっかり紫外線対策を怠っていると肌が大ダメージを受けていることもあります。
すぐにダメージが現れなくても、時間の経過とともにジワジワと悪影響が出てくるのも紫外線の怖いところ。
少しくらい大丈夫と思わず、肌トラブルが目立ちはじめる前からしっかりと紫外線対策を行うようにしてください。
 
紫外線対策の代表といえば日焼け止めクリームですが、毎日使うと肌への負担が蓄積していきます。
そのため、紫外線量のピーク(5月~9月)以外は帽子や日傘を使用して紫外線対策を行うとよいでしょう。

肌を綺麗にするための食生活や生活習慣

食生活と生活習慣

肌を綺麗にするには毎日の生活スタイルも大切です。

肌を綺麗にする食生活

綺麗な肌のためには栄養バランスの整った食事をとることが重要ですが、中でも大切にしたいのが緑黄色野菜です。
美肌のためには緑黄色野菜を毎日約100g摂取することが必要と言われていますが、人付き合いで外食が多くなったり、どうしても好き嫌いがあったりと、多くの人が野菜不足に陥っています。
 
そのため、外食でも意識して野菜の多いメニューやサラダを注文するようにしたり、野菜が苦手な方はスムージーやジュースにして飲んだりするようにしましょう。
 
また、油分を過剰に摂取すると皮脂の分泌量に大きな影響を与えます。
たまになら大丈夫ですが、揚げ物やスナック菓子の食べ過ぎは控えるようにしてください。

肌を綺麗にする生活習慣

女性は冷えが大敵ですが、美容にも同様のことが言えます。
体が冷えていると全身の新陳代謝が悪くなり、肌の乾燥やくすみ、肥満などを招くことも。
そこで肌が綺麗な人が行っている習慣のひとつが「白湯」です。
朝起きた時や夜寝る前などに白湯を1杯飲むことで体が温まり、美肌の効果が期待できますよ。
 
体を温めるには、しっかりお風呂に入ることもおすすめです。
湯船に浸かると血行がよくなって老廃物が流れやすくなり、デトックス効果が期待できます。
シャワーで済ましてしまうという方も多いと思いますが、ストレス解消も兼ねて、お風呂の習慣を取り入れてみてください。

サプリメントの習慣を取り入れよう!

頭では分かっていても、美肌のための食生活や生活習慣をなかなか実践できないという方も多いと思います。
そこでおすすめしたいのが、飲むだけで手軽に栄養を摂取できるサプリメントです。
 
特におすすめしたいのが、美容業界で話題のプラセンタサプリです。
プラセンタは哺乳類の胎盤のことで、そのエキスには生き物にとって欠かせない栄養成分がたっぷり含まれています。
 
中でも注目の成分は、プラセンタ特有の成長因子(グロスファクター)です。
成長因子にはアンチエイジング効果や美白美肌効果があるとして、美意識の高い女性から高い人気を集めています。
 
さらに、プラセンタにはアミノ酸・タンパク質・糖質・核酸・ビタミン類といった栄養成分も含まれているため、プラセンタサプリだけで豊富な栄養を摂取できるのも魅力のひとつ。
忙しくて食生活が偏りがち、という方にとっても強い味方になってくれそうですね。

まとめ

まとめ

多くの女性にとって、できれば手に入れたい綺麗な肌。
基本的なスキンケア方法はもちろんですが、体の内側から綺麗な肌を作ることがとても大事です。
今回ご紹介した肌を綺麗にする方法を参考に、美しい肌を目指していきましょう。

おすすめNo.1プラセンタ