美容ドリンクの種類まとめ!飲むタイミングや基礎知識をご紹介

一口に美容ドリンクといっても、美肌効果・アンチエイジング効果・ダイエット効果など種類はさまざま。
たくさんの商品があって、どれを選べばいいか分からないという方も少なくないはずです。
 
そこで今回は、美容ドリンクの種類や成分といった基本情報から飲むタイミングまでをまとめました。

美容ドリンクの種類

美容ドリンク

美容ドリンクのパッケージを見てみると、医薬品・医薬部外品・食品などの種類があります。まずはこの区分の違いについてご紹介します。

厚生労働省に認可されている「医薬品」

医薬品とは、薬事法により開発・生産・使用について規制されており、病気の診断・治療・予防に用いられるものです。
 
厚生労働省に認可されたものだけが医薬品として流通しており、その有効性や安全性がきちんと確認されています。
医薬部外品や食品に比べ人体に及ぼす影響が強いため、高い美容効果が期待できます。
 
医薬品の中にも種類があり、それぞれ購入方法や内容が異なります。
 

  • 第1類医薬品:購入時に薬剤師から情報提供を受けることが必要
  • 第2類医薬品:一部商品は薬剤師または登録販売者の確認が必要
  • 第3類医薬品:比較的副作用のリスクが低い商品

 
使用に関して気になることがあれば、購入前にお店の薬剤師さんに相談するようにしてください。

緩やかに効果を発揮する「医薬部外品」

医薬部外品は、医薬品ほどではありませんが効果や効能が緩やかに期待できる商品のことです。
 
薬用化粧品や整腸剤、殺虫剤など日常生活の中で身近な商品が多く、自分で選んで購入することができます。
コンビニ・スーパーなどでも販売していることが多く、気軽に購入できるのも特徴です。

食品は医薬品・医薬部外品を除くもの

食品とはすべての飲食物を指し、医薬品・医薬部外品の表記がない商品です。
具体的には、清涼飲料水や栄養補助食品などのことを指します。
これらの商品は、医薬品・医薬部外品と違い効果や効能を表示することが許可されておらず、あくまでもサポート的な役割として使用されています。

美容ドリンクの成分と選び方

成分と選び方

美容ドリンクを選ぶ時は、目的に合う成分選びが大切です。

美肌効果のある成分

●ビタミンC
美肌効果をもつビタミンといえば、ビタミンCです。
シミやそばかすの予防、皮脂分泌の抑制やコラーゲンの生成をサポートするなどオールマイティに活躍します。
 
美肌効果を期待するなら1日あたり2000mg~3000mgの摂取が推奨されているため、含有量の多い商品を選ぶようにしましょう。
ビタミンCは水溶性ビタミンなので体内に蓄えることができず、毎日継続して摂取することが大切です。
 
●ビタミンB群
ビタミンB1・B2・B6などのビタミンB群は、肌荒れ改善や疲労回復効果が高い成分です。
ビタミンB群はピーナッツ・アーモンド等のナッツ類や肉類などのタンパク質に多く含有されているため、ダイエット中に不足になる傾向が高いです。
 
ダイエット中の肌荒れや疲れやすさでお悩みの場合は、ビタミンB群を美容ドリンクで補うようにしてみてください。
 
●コラーゲン
コラーゲンは肌を構成するタンパク質の一種です。加齢やストレスなどで生成量がどんどん減ってしまうので、外部から補うことが大切になります。
 
体内への吸収率が高い美容ドリンクを飲むことで、肌の内側からピンとした弾力・みずみずしさを与えることができます。
加齢によるシワ・たるみでお悩みの方にもおすすめの美容ドリンクです。
 
●ヒアルロン酸
化粧品などにも多く配合されているヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に存在する成分です。
 
美容ドリンクとして取り入れることで、肌の内側から潤いを与えてみずみずしさをキープします。
保湿効果があるため乾燥肌でお悩みの方にも最適です。

エイジング効果のある成分

●プラセンタ
高い美容効果で話題となっているプラセンタとは、哺乳類の胎盤のことです。
肌の若返りをサポートする成長因子(グロスファクター)や、美容や健康に欠かせない5大栄養素など豊富な栄養成分が含まれています。
 
プラセンタサプリよりも吸収率が高いといわれており、飲んだ翌日の朝には肌の違いが実感できることも多いようです。
即効性があるので、肌の調子が悪い時や特別な日の前日のスペシャルケアとしても活躍するでしょう。
 
●ツバメの巣
アナツバメの巣は紀元前より食されており、絶世の美女として知られる楊貴妃も愛していたといわれています。
ツバメの巣に含まれているシアル酸は保湿力アップや血行促進効果があり、代謝を上げて若々しい肌を導いてくれます。
 
●プロテオグリカン
肌の細胞増殖、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す作用があります。
プロテオグリカン自体に保水効果があるため、ハリや弾力、潤いなどにも高い効果を発揮します。
 

ダイエット効果のある成分

●酵素
酵素は、人間が生きていく上で欠かせない栄養素のひとつ。
 
酵素には消化や新陳代謝を促進させる働きがあるため、痩せやすい体作りをサポートしてくれます。
酵素は野菜・果物・発酵食品に多く含まれており、毎日食事で十分な量を摂取するのが難しいといわれています。
 
●アミノ酸
5大栄養素のひとつであるアミノ酸は、ダイエットにも役立つ成分です。
 
中でも、フェニルアラニン・アルギニン・リジン・プロリンというアミノ酸は、内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きをもっています。
アミノ酸を摂取するだけで痩せるというわけではありませんが、運動しながら痩せたいという方に最適な美容ドリンクです。
 
●イソフラボン
イソフラボンにはダイエットの妨げとなる脂肪の定着を防ぎ、エネルギーに変える作用があります。
ホルモンバランスを整える作用があるため、下腹部やお尻など女性ならではの部位の太りやすさでお悩みの方にも最適だといわれています。

美容ドリンクの効果的な飲み方(飲むタイミング)

タイミング

医薬品以外の美容ドリンクは基本的にはいつ飲んでもよいとされていますが、どうせなら効果的な飲み方を知りたいですよね。
効果的な飲み方は成分や目的によって違いますので、飲むタイミングを確認しておきましょう。

美肌・アンチエイジング効果などを期待する場合

ビタミンCなどの美肌効果がある美容ドリンクは、食事と一緒に飲むことで吸収力がアップするとされています。
また、肌の細胞が生まれ変わる就寝時に合わせて飲むことも大切です。
 
夜10時~2時までは成長ホルモンが活発に分泌される「お肌のゴールデンタイム」といわれているため、飲むタイミングを合わせることで美容ドリンクが新しい肌作りをサポートしてくれます。
 
これらの理由から、美肌・アンチエイジング効果などを期待する場合は夕食後・就寝前に美容ドリンクを飲むのがベスト。
ただし、美容ドリンクの中にはカフェインが入っているものもあるので成分をチェックしておくようにしましょう。

ダイエット目的の場合

ダイエット目的の美容ドリンクの場合、用途に合わせて2通りの飲み方があります。
 
まず、食事前などの空腹時。食事の消化をサポートしたり、脂肪を溜めにくくしたりしてくれます。
運動をしてダイエットしている場合は、運動の30分前くらいに飲むと脂肪が燃焼されやすくなります。

美容ドリンクの飲み過ぎはNG

美容ドリンクは、たくさん飲んだからといって効果が高まるわけではありません。
調子が悪い日や大切な日に備えて2倍飲みたくなるということもあるかと思いますが、美容ドリンクの過剰摂取は絶対にNG。
 
成分によっては、健康や美容に悪影響を及ぼすものもあります。
ラベルや説明書をよく確認し、1日の摂取目安量を必ず守るようにしてください。

まとめ

まとめ

美容ドリンクを選ぶには、自分の目的に合う成分選びが大切です。
また、美容ドリンクの効果を高めるには飲むタイミングが非常に重要。
ドラッグストアやコンビニで手軽に購入できる商品も多いので、美容ドリンクを賢く取り入れてみてくださいね。

おすすめNo.1プラセンタ