肌に黒ずみができるのはなぜ?黒ずみの原因とケア方法をご紹介

黒ずみ

ふと気づくと、いつの間にか肌にできている黒ずみ。
加齢にともない、肌の黒ずみが気になってきた……という方も多いのではないでしょうか。
肌の黒ずみは多くの場合、生活習慣や日常のクセが原因で生じます。
 
この記事では、肌が黒ずみやすい部位や原因、ケア方法などをご紹介していきます。
黒ずみの原因に合わせ、適切なケアを行いましょう!

肌の黒ずみの種類と原因

肌の黒ずみ1

肌の黒ずみは、大きく分けて2つの原因があります。
まずは肌に黒ずみができる原因を知り、効果的な対処方法を見つけましょう。

毛穴の角栓による黒ずみ

黒ずんでいる部分がザラザラとしている場合は、毛穴の角栓による黒ずみの可能性が大です。
この黒ずみは別名「イチゴ毛穴」とも呼ばれており、その名の通りイチゴの種のようにブツブツとした角栓が見えます。
 
通常、角栓は白っぽい色なのですが、空気に触れて酸化することで茶色っぽく変色します。
さらに、メイクやホコリなど外部の汚れが混じりあうことで、さらに黒ずみが濃くなってしまいます。
 
この場合、毛穴に皮脂や汚れをためないようにすることが大切です。
角栓をむりやり押し出すのではなく、丁寧な洗顔や正しいクレンジングを取り入れることからケアを始めましょう。

メラニンによる色素沈着

毛穴の黒ずみとは別に、メラニンによる色素沈着が原因で起こるものがあります。
外傷や紫外線などによって肌が刺激されると、肌を守るためにメラニンが分泌されます。
通常、肌のターンオーバーによって不要なメラニンは徐々に体外へと排出されるのですが、ターンオーバーが崩れると黒ずみとして色素沈着しやすくなります。
 
この場合、スキンケアや生活習慣の改善によってターンオーバーを正常化させることが大切です。
色素沈着は化粧品などのセルフケアではなかなか改善することが難しいため、クリニックによる美容医療を頼るのもおすすめです。

黒ずみができやすい部位

肌の黒ずみ2

黒ずみは顔だけでなく全身に起こります。
ここでは、黒ずみができやすい部位をご紹介しますので、この機会に全身の黒ずみをチェックしてみてください。

顔や背中のニキビ跡

ニキビにもいろいろな種類がありますが、黒っぽく跡が残ってしまうもののことを「黒ニキビ」と呼びます。
ニキビは肌が炎症を起こした状態ですので、菌を追い出すために活性酸素が発生します。
 
この時、肌を守ろうとするためにメラニンが過剰に生成されてしまうのです。
ニキビができた時は必要以上に触れたり、潰したりしないようにして、メラニンの発生をできる限り抑えるようにしましょう。

肌を露出している部位の傷跡

年齢を重ねるにつれて傷が治りにくくなった、と感じている方も少なくないはず。
加齢とともに皮膚の再生機能が低下していくため、傷跡もそのまま色素沈着して残ることが多くなります。
腕や脚など露出することの多い部位は特に気を付けましょう。

摩擦によるひじ・ひざの黒ずみ

ひじ・ひざは身体の関節があるため皮膚が薄く、摩擦など外部の刺激を強く受けます。
そのためメラニンが発生しやすく、気付かないうちに黒ずんでいるということが非常に多いです。
 
また、頬杖をついたり、ひざ立ちの姿勢をとったりすることでも、ひじ・ひざの黒ずみは悪化します。
直接ひじ・ひざをつくのはなるべく避け、生活習慣にも気を配るようにしましょう。

デリケートゾーン・おしりの黒ずみ

デリケートゾーンは汚れや雑菌が繁殖しやすいため、黒ずみが起りやすい部位です。
また、ムダ毛の処理によって刺激を受けることで、さらに色素沈着しやすくなります。
さらに、デリケートゾーンは皮膚が薄いため、下着の締め付けや摩擦によって黒ずみが起こることもあります。
 
おしりはほかの部位に比べて皮膚は厚いのですが、長時間座り続けていると体重がかかり、摩擦や圧迫によって黒ずみができやすくなります。
自分では見つけにくいため、日頃から鏡でチェックしておくようにしましょう。

肌の黒ずみに効果的な対策

肌の黒ずみ3
毛穴汚れが原因の場合、毎日のスキンケアで黒ずみが改善することが多いです。
色素沈着が原因の場合、セルフケアではなかなか落ちてくれません。
必要に応じて、美容医療などを取り入れるのがおすすめです。

セルフケアで黒ずみを改善

角栓によって黒ずみが生じているなら、まずは毎日の洗顔とクレンジングを見直してみましょう。
クレンジングはメイクとの相性を考慮し、洗い残しのない商品を選びます。
 
洗顔のポイントは、毛穴の奥まで届くようにキメ細かい泡を立てること。
弾力のある泡を作ることで摩擦を防ぎ、肌へ負担をかけないように洗い上げることができます。
 
洗顔後の肌は乾燥しやすいので、化粧水や乳液などでしっかり保湿しましょう。
肌の水分量が多いと自然と皮脂の分泌量が減っていくので、毛穴に汚れがたまりにくくなります。
 
これらのスキンケアを続けても黒ずみが気になる場合、クレイパックやピーリング洗顔料を取り入れてみましょう。
ただし、やりすぎは肌への負担となりますので、週に1~2回程度に留めるようにしてください。

クリニックによる治療

色素沈着が原因の場合、一度できてしまった黒ずみはセルフケアではなかなか改善されません。
肌の新陳代謝が活発な若いうちは改善する見込みがあるのですが、加齢にともないメラニンが排出されにくい傾向にあります。
特に、身体の黒ずみは顔と比べて肌のターンオーバーが遅いため、セルフケアではなかなか改善しません。
 
確実な方法で黒ずみを治したいなら、美容クリニックによるレーザー治療がおすすめ。
レーザーでメラニンを破壊し、砕かれたメラニンが血液に流れて体外へ排出するという方法です。
 
顔だけでなく、ひじ・ひざ・デリケートゾーンなど部位を選ばず施術できるのがポイントです。
黒ずみの濃さによって複数回施術されるのが一般的ですが、確実な効果があるのでおすすめしたい方法です。

プラセンタで肌の黒ずみを改善

毛穴と色素沈着、両方の黒ずみにアプローチしてくれると話題なのが「プラセンタ」です。
プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスのことで、さまざまな美肌成分が含まれています。
 
特筆すべき特徴としては、プラセンタ特有の成分「成長因子(グロースファクター)」です。
胎児の成長を促すグロースファクターには、細胞分裂を活性化させる作用があります。
 
プラセンタには肌のターンオーバーを整えるという美容にうれしい作用があり、古い角質やメラニンの排出をスムーズにします。
このため、毛穴汚れや色素沈着による黒ずみの改善にも効果が期待できるでしょう。
体内に取り入れるプラセンタは顔だけでなく、全身に効果を発揮するのもポイントです。
 
プラセンタを摂取するには、注射・サプリメント・ドリンクなどいくつか方法があります。
サプリメント・ドリンクは食品のため効果には個人差がありますが、一般に流通しているため手軽に試しやすいです。
 
一方、プラセンタ注射は医療機関のみの取り扱いとなっているため、定期的な通院が必要となります。
美容目的の場合1アンプル1000~2000円と費用もかさみますが、サプリと違い医薬品であるプラセンタ注射は実感力がとても高いです。
 
また、プラセンタは健康や美容に幅広く効果を発揮するので、肌の黒ずみ以外にお悩みがある方にもおすすめ。
レーザー治療以外の選択肢として、プラセンタ療法も視野に入れてみてください。

まとめ

肌の黒ずみ4

黒ずみは顔だけでなく、腕や脚、おしりやデリケートゾーンまであちこちに現れます。
まずは自分の黒ずみが毛穴の汚れによるものなのか、色素沈着によるものなのかを見極め、適切な対処を行っていきましょう。
 
手っ取り早く確実な方法を取りたいなら、クリニックによるレーザー治療やプラセンタ療法もおすすめですよ。

おすすめNo.1プラセンタ