肌に老廃物が溜まるとどうなる?肌荒れの改善方法

肌と老廃物

ブツブツニキビやカサカサの肌など、多くの女性が抱える肌トラブル。
それらの肌荒れは、肌に溜まっている「老廃物」が原因かもしれません。
 
老廃物という言葉は聞いたことがあるけれど、実はその正体を知らないという方も多いはず。
そこで今回は、老廃物が溜まる原因や排出方法などをまとめてご紹介したいと思います。

肌とは何か

肌と老廃物1
そもそも肌とはどのような構造・機能を持っているのでしょうか?
まずは肌のことをきちんと理解していきましょう。

肌の構造

肌は、人の身体全体を包む臓器のこと。肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層で構成されています。
 
肌の一番上にある「表皮」の厚さは、わずか0.1~0.3mmほど
また、表皮はさらに「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層で構成されています。
 
一方、表皮の下にある「真皮」は2mmほどの厚さがあります。
真皮には主成分であるコラーゲンが張り巡らされており、肌の弾力を生み出しています。
このコラーゲンを支えているのが、美容成分として有名なエラスチンです。
さらに、真皮にはムコ多糖類とよばれるゼリー状物質・ヒアルロン酸が存在し、コラーゲンとエラスチンのすき間を埋めて肌の水分をキープしています。

主な肌の機能

肌の本来の役割は、身体の表面を覆って中の器官や臓器を守ることです。具体的には、以下のような機能があります。
 
●肌のバリア機能
紫外線、乾燥、ほこりなどの外的刺激から、体内の水分や臓器を守る機能。
 
●分泌・排出機能
皮脂や汗を分泌するとともに老廃物を排出する機能。
 
●経皮吸収機能
表皮経路・毛孔経路を通して、外部から薬剤や化粧水を吸収する機能。
 
●体温調節機能
外界の温度を伝わりにくくするとともに、体温を一定の温度に調節する機能。
 
●免疫機能
外部から侵入した異物や細菌などを排除し、身体を正常に保つ機能。

肌のターンオーバーとは

美容に関心のある方なら、誰でも一度は“肌のターンオーバー”という言葉を聞いたことがあると思います。
私たちの肌は一定のサイクルで新しく生まれ変わっており、その新陳代謝の仕組みをターンオーバーと呼んでいます。
 
新しい皮膚細胞が肌の一番奥にある基底層で生成され、それが上の層へと徐々に押し上げられ、肌の表面へと現れます。
その後、古くなった皮膚細胞は垢や古い角質として剥がれ落ち、新しい細胞と入れ替わります。
 
ターンオーバーは約6週間で行われていますが、このサイクルが乱れると肌のバリア機能が低下し、さまざまな肌トラブルを引き起こすことがあります。

肌に老廃物が溜まるとどうなるの?

肌と老廃物2
そもそも“老廃物”とはどのようなものを指すのでしょうか?また、老廃物を放っておくとどのようなトラブルを引き起こすのでしょうか。

肌に老廃物が溜まる原因とは

老廃物とは、一言で言うと“身体に必要のないもの”です。
私たちの身体は細胞の代謝によって、生きるために必要なエネルギーを生成しますが、同時に不必要な物質(アンモニア、尿素、尿酸、二酸化炭素など)をも生成してしまいます。
 
老廃物は、汗、尿、便として体外へ排出されますが、血液やリンパの流れが悪くなると老廃物が溜まりやすくなります。
また、溜まった老廃物が血管やリンパを圧迫するため、さらに老廃物が排出しにくくなるという悪循環にも。
老廃物を溜めないようにするには、腸内環境を整えたり、代謝を上げたりして血液やリンパの流れをスムーズにすることが大切です。

老廃物が引き起こすトラブル

身体に老廃物が溜まると、さまざまな不調や肌トラブルを引き起こします。
これらの症状は、身体に老廃物が溜まっているサインでもありますので、日頃からチェックしておくとよいでしょう。
 
●むくみ
老廃物が溜まると排出されるはずの水分までもが体内に滞り、顔がむくんでパンパンになってしまうことがあります。
顔のむくみは、特に朝目覚めた時に感じやすいです。
 
●肌トラブル
老廃物がたまると肌の分泌・排出機能が低下し、汗をかきにくくなってしまいます
汗をかかなくなると毛穴に老廃物が詰まり、肌のターンオーバーを乱す原因に。また、便秘がちになることも肌荒れの原因になります。
 
●便秘
腸内に老廃物が溜まるとそこから毒素が発生し、食欲不振や消化・吸収機能の低下、冷えなどさまざまな不調を引き起こします。
 
●肥満・セルライト
血流・リンパの流れが悪くなると新陳代謝が低下し、脂肪を溜めやすくなります
また、身体に溜まった老廃物に脂肪や水分が結合すると、セルライトと呼ばれる脂肪の塊になってしまうことも。
セルライトは太ももやお尻の表面にあらわれやすく、一度できてしまうと消えにくいのが特徴です。
 
●老化・風邪
血流が妨げられ新陳代謝が低下すると、栄養が身体に行き渡らず細胞が老化していきます。
その結果、シミ・シワ・白髪などの老化現象が見られたり、風邪などの感染症にかかりやすくなったりすることがあります。

老廃物を排出する方法

肌と老廃物3
老廃物を溜めない生活を心がけ、肌トラブルを避けましょう。
デトックス方法や食事法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

自宅でできるデトックス方法

老廃物は、汗や尿、便で出すことが望ましいといわれています。
自宅でも簡単にできる方法を日頃から取り入れ、老廃物のデトックスを促しましょう。

 
水をたくさん飲む
水分をたくさん摂ることで尿量を増やしましょう。
一度にたくさんの量を飲むのではなく、1日2Lの水分を小まめに摂るのがベスト。
常温のお水や白湯を取り入れるのもおすすめです。

 
ファスティング(プチ断食)
断食によって胃腸を休めることで、腸の機能を正常化することができます。
便の排出も促すため、老廃物を一気に排出することが可能です。
本格的な断食は危険ですので、週末だけ行うプチ断食がおすすめ。
2~3日の間、普段の食事をスムージーやデトックスドリンクに置き換えるだけでも効果があります。
 

ゆっくり入浴する
湯船に浸かって体温を上げることで代謝も上がり、むくみや冷えの改善につながります。
胃腸を温められるので便秘改善やデトックスをサポートする効果も期待できます。
 
マッサージ・ストレッチ
筋肉やリンパをほぐすことで、血流やリンパ液の流れが改善できます。
特に、顔や足のむくみを感じている時におすすめ。
首の付け根から鎖骨に向かって下に押したり、わきの下や足の付け根の周辺にマッサージしたりしましょう。
 
ピーリングケア
老廃物は内側だけでなく、肌の外側に溜まっていることもあります。
肌のガザつきを感じたら、週に1回程度のピーリングケアが効果的です。
ピーリング石鹸やパックなどを使って、肌表面の古い角質を剥がれやすくし、肌のターンオーバーを整えることができます。

デトックス効果のある食べ物

デトックス効果のある野菜や果物を意識して食べるように心がけましょう。
 

食物繊維が豊富な食品:ゴボウ、キャベツ、海苔、キノコ、豆類など
便の量が増え、老廃物の排出を促します。
セレン(セレニウム)を含む食品:ニンニク、玉ねぎ、長ネギなど
有害物質を無毒で安定した化合物に変化させるデトックス効果があります。
アブラナ科の野菜:ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、大根など
有害物質を無毒化するのをサポートします。
硫黄化合物が多く含まれる食品:ニラ、ニンニク、玉ねぎ、長ネギなど
老廃物を包み込み、体内へ吸収させないようにする作用があります。

老廃物対策にはプラセンタもおすすめ

もっと効率よく老廃物の排出を促したい時は、哺乳類の胎盤を利用した「プラセンタ」がおすすめです。
胎児の発育に欠かせない胎盤には、アミノ酸、ビタミン、 ミネラル、酵素、糖類などを豊富に含み、さまざまな健康・美容効果を発揮します。
 
プラセンタの血行促進作用や肝機能を高める働きのおかげで、体内の老廃物を除去するデトックス効果が高まります。
プラセンタそのものに美容効果があり、相乗効果で美しい肌を手に入れることができるでしょう。

まとめ

肌と老廃物4
老廃物が溜まると、腸内環境の乱れでニキビができたり、肌のターンオーバーが乱れたりと、さまざまな肌トラブルが引き起こされます。
日頃からデトックスを意識し、老廃物の排出を促すことが大切です。
 
デトックスに効果的な生活習慣や食事を取り入れるとともに、プラセンタなどのサプリを取り入れることでさらに効率よく老廃物を排出できるようになるでしょう。

おすすめNo.1プラセンタ