美白サプリのおすすめは?インナーケアで美しい肌を目指そう

日焼けやシミを薄くしたくて美白コスメを使っているけれど、なかなか効果が現れない……とお悩みの方は、美白サプリを取り入れてみてはいかがでしょうか?
 
美白サプリはカラダの中から働きかけるので、コスメとは異なる方法で美白にアプローチすることができます。
今回は、美白サプリの成分や選び方などについて詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください。

美白サプリってどんなもの?


日焼けやシミに効果的とされる美白サプリ。
「本当に効果があるの?」「飲んだ方がいい?」
と疑問に思う方も多いかもしれません。
 
まずは美白サプリの効果について、詳しく解説していきます。

日焼けやシミが起きるメカニズム

日焼けやシミができる原因の大きな理由のひとつは、体内で発生する“活性酸素”です。

  • 活性酸素とは:身体を酸化させて老化や生活習慣病を引き起こしてしまう物質のこと

紫外線を浴びたりストレスを受けたりすることで、体内の活性酸素が発生しやすくなってしまいます。
 
活性酸素が発生すると、体内の酸化を防ぐためにメラノサイトという部分が刺激され、メラニン色素が生成されます。
メラニン色素は皮膚を守る役割がありますが、同時に肌を黒い色に変化させる性質があり、そのため肌が黒く変色してしまうのです。
 
紫外線を浴びて生成されたメラニン色素は、肌のターンオーバーによって徐々に排出されていきます。
しかし、長時間または強い紫外線を浴び続けてしまった場合、メラニン色素が過剰に生成されてしまうことがあります。
 
肌への刺激ストレスなどでターンオーバーのサイクルが乱れることで、メラニン色素の排出がなかなか促されず肌に蓄積されてしまうことも。
こうしたメラニンの色素沈着が進んだものが、シミとなって肌に残ってしまうのです。

美白サプリには抗酸化物質が含まれている

日焼けやシミの原因となる活性酸素の生成を抑えるのに役立つのが、抗酸化物質です。
 
抗酸化物質は野菜果物に多く含まれておりますが、日常生活で毎日それらの食べ物を摂るのは難しいという方も多いはず。
 
そんな時に役立つのが、抗酸化物質を含む美白サプリなのです。
美白サプリは主に抗酸化物質で構成されているため、手軽に美白対策をすることができます。

美白サプリの選び方


美白サプリの効果が分かったところで、どのようなポイントで商品を選べばいいか解説していきます。

美白サプリに含まれる成分で選ぶ

商品によって含まれている抗酸化物質は異なりますので、自分に足りていないと感じる成分が含まれる美白サプリを選んでみましょう。
 
中にはこれらの成分が組み合わされているサプリもあるので、価格と中身を兼ね合わせながらチェックしてみてください。

  1. ビタミンC
  2. ビタミンCは、野菜果物に多く含まれる成分です。ヒトはビタミンCを体内で作ることができないため、食事やサプリで補う必要があります。野菜の目標摂取量は成人で約350gといわれているので、野菜不足を感じている方は積極的に摂取するようにしましょう。多くの美容サプリが採用しているため、選択肢の幅が広いのもポイントです。
     

  3. ビタミンE
  4. ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類・穀類・魚介類・大豆などに多く含まれる成分です。摂取量の半分以上が便や尿として排出されるため、体内に蓄積されにくいという特徴があります。通常の範囲内での過剰症はほとんど起こりませんので、サプリで補えば効率よく美白に近づくことができます。
     

  5. L−システイン
  6. アミノ酸の一種であるL-システインは、小麦・大豆・かつお節などに多く含まれる成分です。日常生活では十分な摂取が難しいため、サプリでの摂取が効果的とされています。皮膚の元にもなる成分ですので、肌荒れや乾燥などが気になる方にもおすすめの成分です。
     

  7. アスタキサンチン
  8. ビタミンCの約6000倍、ビタミンEの約1000倍ともいわれる抗酸化作用を持つアスタキサンチンは、トマト・ニンジン・鮭・たらこなどに含まれる天然色素の一種です。アスタキサンチンの効果を体感するためには、毎日6~12mg以上を食事で摂取する必要があるとされています。この摂取量は、鮭で換算すると12切れにも及びます。食品で補うのはとても難しいため、一般的にはサプリメントで摂るのが効果的です。
     

  9. リコピン
  10. リコピンはトマト・すいか・ピンクグレープフルーツなどの赤い食べ物に含まれる天然色素の一種です。その抗酸化作用はビタミンEの100倍以上といわれており、効果的に美白をサポートしてくれます。リコピンの摂取目安量は1日15mg程度で、大きめのトマトなら約2個分、トマトジュースなら1缶(約150ml)に相当します。
     

  11. ポリフェノール
  12. ポリフェノールは、植物に存在する苦味や色素の成分です。アントシアニン・カテキン・イソフラボンなど、5000種類以上あるといわれています。体内に吸収されやすいため比較的早く作用しますが、持続性が低いので毎日摂取することが大切です。

美白目的ならプラセンタサプリもおすすめ

抗酸化作用を含む成分についてご紹介しましたが、それでもどれを選べばいいか迷ってしまうという方はプラセンタサプリをおすすめします。
動物の胎盤から抽出されるプラセンタは、アンチエイジングで人気となっている話題の成分です。
 
胎盤から抽出したエキスには美容と健康に働きかけるさまざまな成分が含まれており、優れた抗酸化作用を有しています。
 
また、プラセンタはビタミンCやビタミンEなどのビタミン類やアミノ酸も含んでいるため、プラセンタサプリだけでさまざまな栄養を補えるのもうれしいポイント。
美白効果とともにハリとツヤも生まれ、より美しい肌を手に入れることができるでしょう。

美白サプリを効果的に取り入れるには


最後に、美白サプリの効率的な取り入れ方をご紹介します。
生活習慣に気をつけることで、より高い美肌効果を得ることができます。

外側からのケアも忘れずに

美白サプリを使っているからといって、日焼け・シミが起こらなくなるというわけではありません。
あくまで美白サプリは日焼け・シミを抑えるためのサポート的な役割だと考え、日焼け止めクリーム・日傘・帽子などの外側からのケアも忘れずに行うようにしてください。
内側と外側からWケアを行うことで、日焼け対策を徹底して行うことができます。

抗酸化物質が含まれる食材を積極的に摂る

抗酸化物質を手軽に摂取できる美白サプリですが、それだけを飲んでいたからといって美白になれるわけではありません。
日頃から野菜・果物などの抗酸化物質を多く含む食べ物を意識し、食事に取り入れていくようにしましょう。
 
多くの抗酸化物質は体内に蓄積することができず、一般的な範囲内では過剰摂取になることはほとんどありません。
サプリを摂取している場合でも、できる限り抗酸化物質を食べ物から摂るようにしましょう。

まとめ


美白サプリについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?
シミや日焼けの原因となるのは、メラニン色素を発生させる活性酸素にありました。
 
その活性酸素を抑制させる抗酸化物質を含む美白サプリを摂取することで、日焼けやシミの原因を取り除くことができるのです。
美白サプリにもいろいろな種類がありますが、ご自分に足りてないと思う成分が含まれる商品を選んでみましょう。
どれを選べばいいか分からない時は、優れた抗酸化作用や美肌効果を持つプラセンタサプリも視野に入れてみてくださいね。

おすすめNo.1プラセンタ