プラセンタはニキビ・ニキビ跡に効果あり?その理由とは

acne

色々なスキンケアやサプリを試してみても、なかなか治らない大人ニキビ。
繰り返すニキビのせいで、クレーターやシミのようなニキビ跡に悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか?
 
美容目的で注目されているプラセンタは、ニキビだけでなくニキビ跡にも効果があると言われています。
そこで今回は、プラセンタがニキビ・ニキビ跡に効果的な理由をまとめました。
プラセンタを効果的に使って、しつこいニキビを撃退しましょう!

そもそもニキビの原因って?

acne1

大人になってからできるニキビには、ホルモンバランスが大きく関わっています。
まずは、大人ニキビの原因をチェックしてみましょう。

大人ニキビって何?

ニキビと言えば思春期の頃にできるイメージがありますが、最近ではニキビ悩む20~30代の女性が増えているようです。
一般的に20歳以降にできる吹き出物のことを「大人ニキビ」と呼んでいます。
大人ニキビができる最大の原因は、生活習慣の乱れや生理の影響でホルモンバランスが崩れてしまうこと。
原因が体内にあるため、普通のスキンケアではなかなか改善しないのが特徴です。
 
そもそもニキビは、肌表面に古い角質や汚れが溜まって、毛穴が詰まったり、炎症を起こしたりすることで発生します。
ストレスのない健康な状態の場合、肌のターンオーバーが正常に行われるため、古い細胞から新しい細胞へ肌が生まれ変わり、ニキビのできにくい肌を維持することができます。
 
しかし、ホルモンバランスが崩れているとターンオーバーが滞り、ニキビができやすい状態になってしまうのです。

ニキビと男性ホルモンの原因

女性なのに男性ホルモン?と疑問に思われるかもしれませんが、通常、女性でも男性の10~20分の1くらいの分泌量があると言われています。
 
しかし、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうと、ホルモンのバランスが崩れてターンオーバーに悪影響を及ぼしてしまいます。
 
男性ホルモンが多くなるのは、ストレス・睡眠不足・偏った食事など、生活習慣の乱れが大きな原因です。
また、男性ホルモンにはアゴ周辺の皮脂腺を発達させる働きがあるため、Uゾーンにニキビができやすくなることも特徴です。

生理前はホルモンバランスが崩れがちに!

生理前になるとニキビができやすくなる、という方も多いのではないでしょうか?
 
生理前はホルモンバランスが崩れやすく、エストロゲン(卵胞ホルモン)よりも、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えやすくなります。
プロゲステロンには皮脂の分泌を促す働きがあるため、肌が脂っぽくなり大人ニキビができやすくなるのです。
 
このように、大人ニキビにはホルモンが大きな影響を与えているため、ホルモンバランスを整えることが改善のカギと言えることが分かります。

プラセンタがニキビに効果的な理由

acne2

ここからは、プラセンタがなぜニキビに効くのか詳しくご紹介していきます。

プラセンタに含まれる栄養って?

プラセンタとは、胎盤から抽出したエキスのこと。
ヒト由来プラセンタはプラセンタ注射として医療機関で用いられており、ブタ・ウマなどの動物由来プラセンタはサプリメント・化粧品に加工されています。
 
胎盤は母体から赤ちゃんへと栄養を送るための大切な臓器ですから、生命に必要な栄養が非常に豊富です。
プラセンタに含まれる代表的な栄養素は、以下のようなものがあります。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸 など

人体に欠かせない栄養素を持つプラセンタは、シミ・シワのエイジングケアといった美肌効果だけでなく、基礎代謝・免疫力アップ・疲労回復など様々な効果が期待できます。

プラセンタがニキビに効く4つの理由

美容・健康に効果的なプラセンタですが、ニキビに効く理由は大きく分けて4つあります。

抗炎症作用
ニキビは古い角質や皮脂汚れなどが毛穴に詰まり、雑菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。
胎盤は赤ちゃんを守るため高い抗炎症作用を持っているため、ニキビの炎症を抑える効果を発揮してくれます。
非常に高い抗炎症作用が期待できるため、長年ニキビの症状に悩んでいた方でも効果が期待できるでしょう。
ターンオーバーの活性化
プラセンタには豊富な栄養素が含まれていますが、中でもアミノ酸には細胞の新陳代謝を促進する働きがあります。
プラセンタを摂取することでターンオーバーを正常に保てるようになり、ニキビなどの肌トラブルが起きにくい肌へと整えてくれます。
ホルモンバランス調整力
プラセンタは、女性ホルモンのバランスを整える作用があります。
大人ニキビの原因である男性ホルモンやプロゲステロン(黄体ホルモン)のお悩みにもアプローチし、ニキビの発生を抑えてくれます。
皮脂バランス調整力
プラセンタには、皮脂を調整する作用があります。
皮脂と聞くとニキビの原因だとイメージしがちですが、健康な肌にはある程度の皮脂が必要です。
肌の水分と油分のバランスを調整することで肌が潤い、適度な油分で保護されている状態を保って、ニキビのできにくい肌へと導きます。

プラセンタはニキビ跡にも効果ある?

1度できてしまうとなかなか治らないニキビ跡ですが、プラセンタはニキビ跡にも効果はあるのでしょうか?

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には、大きく分けて3つの種類があります。

赤味
炎症が続くことで毛穴周りに毛細血管が集中し、血液が透けて赤く見えるようになった状態です。
その上、血管が損傷すると血液が酸化して、赤紫色のニキビ跡に悪化する場合もあります。
色素沈着
ニキビの炎症によって、メラニンが発生した茶色いニキビ跡です。
メラノサイトが刺激されることで、シミのようなニキビ跡になってしまいます。
クレーター
ニキビのダメージが表皮や真皮層を貫き、クレーター状に陥没してしまうニキビ跡のこと。
毛穴周辺の組織が破壊されるとコラーゲンが大量に作られてしまうことがあり、凹みが目立つことも原因のひとつです。

プラセンタがニキビ跡に効く3つの理由

ニキビ跡に期待できる効果は、以下のようなものがあります。

活性酸素除去作用
活性酸素は体内に入ってきたウイルスや有害細菌から身を守る働きを持っており、ニキビの原因であるアクネ菌をやっつけるのに役立ちます。
しかしながら、活性酵素はアクネ菌だけでなく、皮膚の組織まで攻撃してしまい、それがニキビ跡として残ってしまうことがあるのです。
プラセンタには体内で発生した活性酸素を除去する作用があるので、ニキビ跡にも良い影響を与えます。
真皮のダメージを修復できる
プラセンタは真皮の成分であるコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの生成を促すため、真皮のダメージ修復に優れた効果を発揮します。
これは普通のスキンケアでは難しく、内側から働くプラセンタだからこそ成し得ること。肌の生まれ変わりを促すことで、徐々にニキビ跡を消してくれます。
自然治癒力を高める
プラセンタが医療でも使われる大きな理由は、自然治癒力を高めることにあります。
人が軽い怪我をしたり、風邪を引いたりしても時間が経つと治るのは、この自然治癒力のためです。
プラセンタは自然治癒力を強化し、ニキビ跡の改善にも修復にも力を貸してくれます。

まとめ

acne4

プラセンタがニキビ・ニキビ跡に効果的な理由をご紹介しましたが、いかがでしたか?
長年悩んでいた方にとって、ニキビとニキビ跡は切っても切り離せない関係。
 
この2つの悩みがプラセンタで一気にケアできるなら、これほど嬉しいことはありませんよね!
何を試してみてもニキビが治らなかった方も、ここで諦めずにぜひプラセンタを取り入れてみてください。

>>気になるニキビにオススメのプラセンタサプリ

おすすめNo.1プラセンタ