アミノ酸を効率よく摂る方法!プラセンタで美容と健康に効果を

健康アミノ酸

「最近肌の調子が悪い」
「疲れが取れにくくなってきた」
……そのお悩みの原因は、アミノ酸不足かもしれません。
ヒトの体に欠かせないアミノ酸ですが、毎日の食事で摂取するのは意外にも難しいんです。
 
そんな時に役立つのが、豊富な栄養素を持つ「プラセンタ」。
あなたもプラセンタを生活に取り入れ、いきいきとした毎日を取り戻しませんか?

アミノ酸は美容・健康に欠かせない成分

アミノ酸

生きていく上に欠かすことのできないアミノ酸ですが、実はその正体をよく知らないという方も多いはず。
そもそもアミノ酸とは何なのか?詳しくご紹介します。

ヒトの体はアミノ酸でできている

ヒトの体は約60%が水分、約20%がタンパク質で構成されています。
そして、このタンパク質の元となっているのがアミノ酸
 
ヒトの体の約20%はアミノ酸でできているとも言うことができ、生きていく上で重要な栄養だということがお分かりいただけると思います。
 
そしてタンパク質は、主に筋肉や皮膚、髪の毛、爪、骨や内臓だけでなく、血中のヘモグロビンやホルモンなど体のあらゆる部位を構成しています。

アミノ酸が不足するとどうなるの?

ヒトの体内では、食事から摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、別のタンパク質へと合成するという代謝が繰り返されています。
体内で作られたタンパク質は、古くなるとアミノ酸へと再分解されて排出されるため、体内のアミノ酸量は次第に減っていきます。
 
体内のアミノ酸が不足していくと、次のような体の不調が起こります。

  • 肌トラブル
  • 筋肉量の減少
  • 疲れが溜まりやすくなる
  • 抵抗力や免疫力の低下
  • 気力や思考力の低下
  • 貧血や冷え性
  • 代謝が落ちて痩せにくくなる

これらのお悩みを抱えている方は、アミノ酸の不足が原因かもしれません。

アミノ酸には大きく分けて2種類ある

自然界には500種類以上ものアミノ酸がありますが、ヒトのタンパク質を構成しているアミノ酸はたったの20種類
 
これらのアミノ酸は、体内で合成できない「必須アミノ酸」と体内で合成できる「非必須アミノ酸」の2つに分けられます。

必須アミノ酸一覧
バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン
非必須アミノ酸一覧
アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、システイン、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン、チロシン

体内で合成できない必須アミノ酸がひとつでも不足してしまうと良質なタンパク質が作れなくなり、さまざまな不調を引き起こす可能性があります。

必須アミノ酸の摂取は毎日の食事から

体内で生成することのできない必須アミノ酸は、食事から摂取する必要があります。
一般的に、卵、肉、魚などの動物性食品は必須アミノ酸の量が多く、米などの穀類、いも類、野菜は必須アミノ酸の量が足りていません。
 
かといって肉類だけを食べ続けてしまうと、カロリーや脂質の摂りすぎとなってしまうため注意が必要です。
アミノ酸を補う食品同士を組み合わせ、バランスのよい食生活をおくることが大切になります。

アミノ酸が多いプラセンタの種類は?

アミノ酸が多いプラセンタ

プラセンタは、食べ物でしか摂取できない必須アミノ酸を効率よく摂取するのに向いています。

プラセンタに含まれるアミノ酸

プラセンタは、哺乳類の胎盤から抽出されたプラセンタエキスを利用したもの。
赤ちゃんの発育に必要な臓器である胎盤には、生命に必要な栄養素が豊富に含まれています。
中でも重要な成分といえばアミノ酸です。
 
前述の通り、アミノ酸は生き物の体を作るために欠かすことのできない成分。
胎盤は赤ちゃんの成長に必要な器官ですから、アミノ酸をはじめとする栄養素がたっぷり含まれています。
プラセンタエキスにも必須アミノ酸を含む10種類以上のアミノ酸が含まれているため、効率よく栄養を補うことが可能です。

プラセンタの種類とアミノ酸

最近はプラセンタと名の付くものが増えており、さまざまな種類があります。
ここでは、種類ごとにアミノ酸がどれくらい含まれているか確認してみましょう。
 
1.ヒトプラセンタ
ヒト由来のプラセンタエキスは同じヒトですので吸収性がとても高く、効率よくアミノ酸を摂取できる方法です。
摂取方法は注射かサプリメントの2種類ありますが、どちらも医療機関でしか処方されていません。
 
2.豚プラセンタ
一般に流通しているプラセンタサプリの中で最もポピュラーなのが豚プラセンタです。
豚は年に2度、一度に10頭以上の子どもを出産するため、ほかの動物よりも安く胎盤を得られるからです。
大量に出産する分、豚の胎盤は薄くなりやすく、含まれているアミノ酸も少ないと言われています。
 
より品質の高い豚プラセンタをお求めなら、徹底管理された環境で育てられている「SPF豚」がおすすめです。
SPF豚プラセンタは、馬プラセンタと同等のアミノ酸を含んでいると言われています。
また、SPF豚プラセンタは厚生労働省に認められている医薬原料でもありますので、安全面も申し分ありません。
 
3.馬プラセンタ
馬は1年に1頭しか出産しないため、胎盤が厚く重たくなります。
そのため、豚プラセンタよりもアミノ酸が豊富に含まれているといわれています。
 
また、プラセンタに使われる馬はサラブレッドが一般的ですので、血統や品質管理がしっかりしているのもポイントです。
ただし、馬プラセンタは希少価値が高いため豚プラセンタよりも高値になる傾向があります。
 
4.羊プラセンタ
羊は体重や一度の出産数が人間と似ていることから、胎盤の役割が人間と似ていると考えられています。アミノ酸の組成がほぼ同じなので、アミノ酸を効率よく摂取できるでしょう。羊はほかの動物に比べて抵抗力が高く、ヨーロッパでは一般的となっています。しかしながら日本では狂牛病問題以降、国内での流通が減っており、選べる商品が限られている点がデメリットです。
 
5.海洋性プラセンタ
海洋性プラセンタの原料は魚卵の一部です。
卵から生まれる魚には胎盤がありませんが、卵にも栄養が豊富に含まれているためプラセンタと名付けられています。
 
気になる栄養ですが、動物性プラセンタと同等とは言えないものの海洋性アミノ酸が豊富に含まれているため、アミノ酸摂取のためには有用です。
哺乳類のプラセンタに抵抗があるという方に最適なのではないでしょうか。
 
6.植物性プラセンタ
植物性プラセンタの原料は、哺乳類の胎盤と似たような機能をもつ「胎座」です。
種が発芽するための栄養を蓄えている部分であることから、アミノ酸やタンパク質などの成分が豊富に含まれています。
 
植物プラセンタの主な成分はアミノ酸ですので、アミノ酸摂取を目的とするなら効果的です。
動物性プラセンタにアレルギーを持っている方にも最適でしょう。

プラセンタの効果を生活に取り入れる方法

プラセンタを取り入れる方法

プラセンタの摂取方法は複数ありますので、用途によって使い分けをしてみてください。

不調を感じたら即効性のあるプラセンタ注射を

食生活が乱れている時に体のだるさや肌トラブルなどを感じた時は、アミノ酸不足を疑いましょう。
症状をできるだけ早く緩和したいなら、即効性のあるプラセンタ注射がおすすめです。
血管に直接プラセンタエキスを注入するため全身に行き渡り、経口摂取よりも効果が実感しやすいといわれています。
 
ただしプラセンタ注射は持続性があまりないので、最初の1~2ヶ月間は週に1回〜2回、最低3アンプル打つのが理想です。
そのため、生活にプラセンタ注射を取り入れるなら通院しやすいクリニックを選ぶことが重要になります。
 
また、プラセンタ注射を一度でも受けたことのある方は献血や臓器提供ができなくなるため、献血が趣味という方は注意してください。

プラセンタサプリの摂取でアミノ酸不足を予防

クリニックに通うのが大変だという方は、プラセンタサプリがおすすめです。
プラセンタ注射ほど即効性はありませんが、毎日継続して飲み続けることでアミノ酸不足を予防することができます。
 
プラセンタサプリの良いところは、いつでもどこでも手軽に摂取できること。
薬ではないため1日に飲む量を調節することができ、疲れが溜まった時や外食が多くなった日などに合わせて効率よくアミノ酸を補うことができます。

>>アミノ酸含有量が多いプラセンタサプリはこちら

プラセンタドリンクは注射の代用に使える

プラセンタドリンクは、プラセンタ注射よりも即効性は劣るものの、液状のためアミノ酸の吸収性が高いといわれています。
そのため、プラセンタ注射が継続できない場合の代用品としてプラセンタドリンクを取り入れる方もいるようです。
やむを得ない理由でプラセンタ注射が打てない時は、プラセンタドリンクを使って効果を持続させるようにしてみてください。

>>おすすめのプラセンタドリンク

まとめ

まとめ

忙しい日常生活の中、毎日の食事から必須アミノ酸を補うのは難しいですよね。
その点、栄養の豊富なプラセンタを摂取すればアミノ酸不足が解消され、キレイで健やかな毎日が叶います。
あなたに合う方法で、プラセンタを生活に取り入れてみてくださいね。

おすすめNo.1プラセンタ