プラセンタサプリには自律神経を整える作用もある?意外な効果とは

頬杖をつく女性

動物の胎盤から抽出される「プラセンタエキス」には、自律神経やホルモンバランスを整える作用があるといわれています。
自律神経には、そもそもどのような働きがあるのでしょうか。

自律神経が乱れた場合に現れる症状から自律神経を整える方法まで、詳しく解説します。

『自律神経』とは?

医療従事者
呼吸や血液の循環、体温調整など、生命維持に欠かせない機能を24時間、休まずに自動調整してくれるのが『自律神経』です。
自律神経には、昼間の活動時に働く「交感神経」と、夜間の安静時に働く「副交感神経」の2種類が存在します。

この2種類の神経のバランスが崩れた状態が、『自律神経の乱れ』です。
不規則な生活を続けたり、過度なストレスが溜まったりすると自律神経の乱れに繋がり、様々な体の不調を引き起こします。

『自律神経』が乱れるとどうなる?主な症状について

肩こりの女性

自律神経が乱れると、思わぬ体調不良を引き起こすことがあります。
具体的な症状をご紹介しますので、あてはまるという人は早急に対策を考えましょう。

軽い症状でも悪化すれば治りにくくなってしまうので、早めに対処することが大切です。

疲れが取れない

人は疲れを感じると筋肉や内臓が疲弊していると思いがちですが、実は違います。
疲れを感じる原因の大半は、自律神経にあります。

仕事や運動、家事で体を動かすと、呼吸や心拍、体温や血流を正常に保とうと、自律神経が働きます。
そのため、活動時間が長くなればなるほど自律神経の働きも活発になり、疲弊してバランスが崩れてしまうのです。

バランスが崩れた状態が続くと、十分に睡眠を取っても、自律神経は回復しなくなります。
疲れを感じたままの状態で翌日の活動を開始して、更に自律神経を乱れさせる……という悪循環に陥ってしまうのです。

「寝ても疲れが取れない」「朝スッキリ起きられない」という人は、自律神経が乱れている可能性が高いといえます。
睡眠時間を確保することよりも、まずは自律神経を整えることに注力しましょう。

めまい・立ちくらみ

めまいや立ちくらみは、立ち上がった拍子や起き上がった拍子に血液が下半身に降りて、一時的に脳内の酸素が不足することで起こります。

通常は、立ち上がる際に心拍数を増やしたり、下半身の血液を脳に押し上げたりと、自律神経がバランス調整を行ないます。
しかし、自律神経が乱れていると、体に上手く伝達できずに、めまいや立ちくらみがひきおこされてしまうのです。

一時的な症状であるため気に留めない人もいますが、ひどくなると気を失うこともあります。
特にお年寄りは、転倒して大ケガをする可能性があるので、十分に注意してください。

めまいや立ちくらみが頻繁に起こる場合には、重大な病気を抱えているのかもしれません。
気になる人は、一度病院で受診してください。

お腹の調子が悪い

実は自律神経の乱れは、下痢や便秘といったお腹の不調も引き起こします。
腸は、交感神経が活発だと拡張し、副交感神経が活発だと収縮するという特徴があります。

この拡張と収縮で起こるのが、蠕動運動(ぜんどううんどう)です。
腸が波打つように動く蠕動運動によって便が運ばれて、スムーズに排便できるのです。

便秘に悩まされている人は、自律神経の乱れによって、蠕動運動が弱まっている可能性が高いといえます。
また、腸の働きが弱まることで、便秘だけでなく下痢の症状が現れることもあります。
便秘薬やお腹に良いとされる食べ物を口にしても、なかなかお腹の調子が良くならないという人は、自律神経の乱れを疑いましょう。

手足の冷え

手足の末端の血流もまた、自律神経によってコントロールされています。
ストレスによって交感神経が緊張させられると、血管が収縮して血流が悪くなります。

手足を温めてもすぐに温かくならないという人は、自律神経が乱れて、血流の調整が上手くいっていない証拠です。
特に筋肉量が少なく血管の細い女性に多くみられる症状なので、手足の冷えが気になったら、自律神経を整える努力をしましょう。

女性の場合は、ホルモンバランスの乱れから、自律神経の乱れが引き起こされていることも珍しくありません。
また、低血圧や貧血といった、思わぬ原因が潜んでいることもあります。
冷えが改善しなければ、自律神経意外に原因がないか、医療機関に相談してください。

頭が痛い・重い

頭痛は、血管の拡張や収縮によって起こる症状です。
血流が正常でない場合に起こる症状なので、頭痛を防ぐためには、血流をコントロールする自律神経を整える必要があります。

交感神経が活発になると、血管が収縮して起こるのが「緊張性頭痛」です。
反対に副交感神経が活発になると、血管が拡張して起こるのが「片頭痛」です。

血管は、気圧や気温など、日々の生活の中で様々な影響を受けながら、拡張と収縮を繰り返しています。
外部の影響を受けても柔軟に血管をコントロールできるように、自律神経をしっかり整えておいてください。

『自律神経』を整える方法

頬に手を当てる女性

普段の生活を見直すことで、乱れた自律神経を整えられます。
自律神経が整うことで、体調が回復することはもちろんですが、集中力を高めたりストレスに強くなったりと、様々なメリットを得られます。

自律神経を整える行動を習慣づけて、健康的な生活を目指しましょう。

食生活の改善

食事から摂取する栄養成分は、自律神経にも大きな影響を与えます。
栄養バランスの整った食事をすることも大切ですが、特に不足しがちなビタミンやミネラルを積極的に摂取するように心がけましょう。

自律神経を整えるためには、幸せホルモンの名で知られる神経伝達物質「セロトニン」が欠かせません
セロトニンは体内に貯蓄できないので、毎日栄養成分をたっぷり摂取して、セロトニンの生成を促す必要があります。
食事には、「トリプトファン」や「ビタミンB6」、「炭水化物」を積極的に取り入れてください。

食材でいえば、乳製品や豆製品、青魚や穀類がおすすめです。

運動をする

体を動かすことで、全身の血の巡りが良くなります。
また、血流に刺激されてセロトニンのような神経伝達物質が活発になり、ストレス解消に繋がります。
自律神経を整えたいと考えている人は、ぜひ運動も取り入れましょう。

急に激しい運動をすると体に負担が掛かってしまうので、ヨガやウォーキングといった軽い運動から始めてください。
運動で特におすすめなのが、ストレッチです。
ストレッチは特別な道具を必要とせず、自宅の中でも気軽に取り組むことができます。
ストレッチで腸が刺激されれば便秘解消にもつながるので、運動には興味があるけれど何をすれば良いのか分からないという人は、ストレッチを試してみてください。

睡眠時間の確保

睡眠時間の短さを気にする人が多いですが、実は時間よりも質が大切です。

例え時間が短くとも、良質な睡眠が取れていれば問題はありません。
反対に、睡眠時間が長くとも、質が悪ければあまり意味がないといえるでしょう。

良質な睡眠を取るためには、就寝前にリラックスした状態を作り出す必要があります。
就寝前には、スマートフォンやパソコンといった、ブルーライトを発する機器の使用は控えてください。
ブルーライトはバイオリズムを乱す上に、心身にストレスを与えるといわれています。
また、スマートフォンで多くの情報を受け取ると、交感神経が刺激されて寝つきが悪くなります。

就寝の1時間前には、部屋を暗くして布団に入りましょう。
心身を落ち着けて、リラックスした状態で眠りにつくことが理想的です。

湯船に浸かる

良質な睡眠を取るためには、入浴も重要なポイントだといえます。
38度前後の少しぬるめのお湯に浸かることで、副交感神経が活発になり、心身ともにリラックスした状態を作り出せます。

毎日シャワーだけで入浴を済ませているという人は、時々湯船に浸かってみてください。
湯船に浸かると、副交感神経を刺激するだけでなく、全身の血の巡りを良くすることもできます。
特に冬場は血管が収縮しているので、ゆっくり湯船に浸かって体を芯から温めましょう。

温めることが大切だとはいえ、熱すぎるお湯に浸かると交感神経の方を刺激してしまいます。
お湯に浸かる際には、40度以下になるように調節してください。

日光を浴びる

セロトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の原料でもあります。

メラトニンには、睡眠・覚醒のリズムやホルモン分泌のリズム、概日リズムといった、あらゆる体内リズムを調整する働きがあります。

夜中でも明るい現代では、昼夜逆転生活を送っているような人も少なくありませんが、体内時計は原始のままです。
日の出とともに起床して、日没とともに就寝するといった規則正しい生活を送らなければ、体内リズムが崩れて体調不良を引き起こします。

それを防ぐためにも実践したいのが、「日光を浴びる」ことです。
日の光を浴びることで、メラトニンが体内リズムを整えてくれます。
朝、目が覚めたらまずはカーテンを開けて、たっぷりと日光を浴びましょう。

もっと効率的に『自律神経』を整えたい方へ

馬

生活習慣を見直すことで自律神経を整えられますが、仕事や家事に追われて、規則正しい生活を送ることは難しいという人も少なくありません。
生活習慣を見直すことが難しければ、サプリメントに頼りましょう。
毎日決められた量のサプリを飲むだけで、体に必要な栄養素を効率的に摂取できます。
様々な効能を持つプラセンタサプリを使って、無理なく自律神経を整えましょう。

プラセンタサプリがおすすめの理由

赤ちゃんを育てる胎盤(プラセンタ)には、「成長因子」が含まれています。
成長因子とは、細胞の分裂や再生を促す成分のことを指します。

成長因子には、自律神経を整えたり、ホルモンバランスを調整したりといった働きが期待できます。
細胞を活性化させて老化を抑制することから、近年はアンチエイジングや更年期障害の治療にも用いられています。
プラセンタサプリは健康面にはもちろん、美容面でも体に良い影響を与えてくれる、画期的なサプリだといえるでしょう。

美容効果も期待できるプラセンタサプリ

アンチエイジングに人気のプラセンタサプリですが、具体的にはどのような効果を得られるのでしょうか。

プラセンタには、血行促進作用があるため、老廃物を押し流して美肌を作り出してくれます。
また、抗酸化作用にも優れていることから、肌の弾力を保ち、シミやしわの発生を防いでくれます。

プラセンタには、様々な美容効果が期待できますが、特に優れているのが「線維芽細胞」の増殖を促すという点です。
線維芽細胞は、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する源です。

美肌を作る上で欠かせない線維芽細胞ですが、30代を境に減少してしまうという特徴があります。
スキンケアも大切ですが、美容成分を作り出す土台が弱っていては、思ったような効果は得られません。
プラセンタサプリで、美肌の土台となる線維芽細胞を増やしましょう。

効果が現れるまでの期間について

2、3日で効果が現れるプラセンタ注射を試した人は、サプリの効果が実感できずにがっかりすることもあるようです。
注射は確かに即効性がありますが、その分効果は持続しません。

反対に、プラセンタサプリは、効果が現れるまでに時間はかかりますが、その分効果が長く持続するという特徴があります。

肌は、ターンオーバー(新陳代謝)によって生まれ変わります。
その周期は平均で28日だといわれているので、少なくとも1カ月待たなければ効果は実感できないということです。
プラセンタサプリの服用を始めたら、少なくとも1カ月は続けてください。

まとめ

笑顔の女性

自律神経は、呼吸や心拍、体温や血流といった、生命維持に欠かせない機能をコントロールしています。
交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、頭痛やめまい、手足の冷えや便秘などの様々な体の不調を引き起こします。
辛い症状が長く続く場合には、自律神経の乱れを疑いましょう。

自律神経は規則正しい生活によって、バランスを整えることができます。

生活を変えることが難しいという人は、サプリを活用してください。
栄養成分が豊富に含まれたプラセンタサプリなら、健康的な体を手に入るだけでなく、同時に美しさも手に入ります。

おすすめNo.1プラセンタ