プラセンタ摂取後の好転反応とは?副作用との違いって?

好転反応とニキビ

プラセンタを摂取した後に感じる頭痛やニキビの悪化……これってもしかして、副作用?と不安に思う方も多いと思います。
実はそれらの症状は、ほとんどの場合「好転反応」と呼ばれるものです。
プラセンタの作用によって身体が健康的な状態に戻るために必要な過程なので、あまり心配する必要はないんですよ。
今回は好転反応と副作用の違いをご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

好転反応と副作用の違いとは

好転反応と副作用の違い

サプリメントや薬を摂取した後の症状は好転反応?それとも副作用?まずは、この2つの違いを明らかにしておきましょう。

好転反応は一時的に起きるもの

好転反応は、身体のもともと悪い部位に痛みや倦怠感を感じる反応です。
これは、サプリメントや薬を摂取することで神経や細胞が活性化する過程で起こる症状で、身体が正常化した後は好転反応が終わり、健康的な状態を取り戻すことができます。
 
慢性的な身体の症状が一時的にひどくなる場合がありますが、それは改善に向かって変化している証拠です。
好転反応は次第に治まっていきますが、症状がつらい場合は摂取量を少なくするなどして身体を休めるようにしましょう。

健康な部位に悪影響を及ぼすのが副作用

身体のもともと悪い部位に現れる好転反応と異なり、これまで健康だった部位に現れるのが副作用です。
例えば、風邪薬の目的は解熱や咳を止めることですが、同時に胃痛や眠気を起こすことがあります。
このように、本来の目的以外に現れる影響が副作用なのです。
 
副作用の原因は、薬の成分と身体の相性、摂取方法の間違いや飲み合わせの悪さなどさまざまです。
症状によっては同じ薬を飲み続けるのが危険な場合もあるので、異変を感じたら医師や薬剤師に相談するなどの対処が必要となります。

プラセンタの好転反応はどんなものがあるの?

好転反応

プラセンタを摂取した時の好転反応には、以下のような症状があります。

血行促進効果で起こる頭痛

プラセンタを摂取した後に起こる症状のひとつに頭痛があります。
サプリメントなどでプラセンタを摂取した際にも頭痛が起きることがあり、薬でもないのになぜ?と不安に思う方も少なくないはずです。
 
実はこの頭痛もプラセンタの好転反応のひとつ。プラセンタによって代謝が活性化されることで、血流がよくなっていることが原因です。
脳の血管が拡張されることで一時的に頭痛が起きますが、血行が促進されるのは身体にとってよいこと。
身体がプラセンタの血行促進効果に慣れていけば、次第に頭痛も治まっていきます。
 
プラセンタを摂取しはじめた時に起きやすい好転反応のため、頭痛を感じたら摂取量を減らすようにしましょう
特に最初の頃は、プラセンタの効果を早く実感したいがために摂取量を増やしがちなので、注意するようにしてください。

プラセンタで太りやすくなる?

プラセンタを摂取した方の中には「プラセンタで太った」と感じる人もいるようですが、プラセンタ自体に太る要因はありません。
プラセンタは栄養が豊富ですが意外にもカロリーが低く、サプリメントやドリンクなども非常に低カロリーに作られています。
むしろプラセンタは新陳代謝を促進させる効果があるので、痩せやすくなると言われています。
 
では、なぜプラセンタで太ると感じてしまう人がいるのでしょうか?その理由のひとつに、食欲が増進していることが挙げられます。
プラセンタには食欲増進作用があるため、これまで食が細かった方や食欲がなかった方でも、いつも以上に食べてしまうことがあります。
肥満体型でなければ、しっかり食べることはむしろ健康によいこと。食べる量を減らすよりも、適度な運動を取り入れて健康な身体をキープするようにしましょう。
 
また、プラセンタには女性ホルモンの分泌を活発にする作用があるため、より女性らしい身体のラインになることがあります。
肌や胸がふっくらすることもあり、太ったと勘違いしてしまうことがあるようです。
プラセンタ自体にホルモンが含まれているわけではなく、女性ホルモンの分泌量が適正になるだけなので一時的なものです。あまり気にしすぎないようにしましょう。

ホルモンバランスの変化によるニキビ

プラセンタのホルモンバランス調整作用により、ニキビなど一時的な肌荒れが起きることがあります。
今までの乱れたホルモンバランスを正常化しようとしているため、その変化が一時的に肌の状態を悪化させてしまうのです。
 
これはニキビを治すために起きる反応ですので、あまり心配する必要はありません。
プラセンタを摂取し続けることで、次第に肌荒れのしにくい健康的な肌質へと導いてくれます。

プラセンタの摂取で副作用は起きる?

副作用は起きるのか

身体にとってよい症状である好転反応と異なり、悪影響になる副作用はあるのでしょうか?

プラセンタ注射の安全性

まず医療機関で取り扱われているプラセンタ注射についてですが、保険適用が認可されて以来、重大な副作用は報告されていません。
プラセンタ注射の注射薬にはヒトの胎盤を使用していますが、その安全性は厚生労働省が保証しています。
妊娠中の母親に対しては血液検査を行い、ウィルスの感染対策として高圧蒸気滅菌をした上、確認試験を受けたもののみを使用しています。
 
ただし、プラセンタ注射は直に血管に注入する方法ですので、注射部位が硬くなったり赤みおびたりすることがあります
また、まれにプラセンタ注射剤に含まれる成分に対する抗体をもっている方がいて、注射部位周辺の腫れや、全身に蕁麻疹または発疹が現れることがあります。
そのような症状が出た場合、注射を受けた医療機関に相談するようにしましょう。
特にアレルギー体質の方は注意が必要になりますので、事前に医師に申し出ておくことをおすすめします。

プラセンタ食品の副作用は?

プラセンタドリンクやプラセンタサプリなどは、薬ではなく食品のため副作用は基本的にありません。
これらのプラセンタ食品は、一般的に豚や馬などの胎盤が利用されており、非常に多くの商品が流通しています。
 
商品によって成分や製造方法も異なるため、体質に合う・合わないがあるようです。
好転反応と思われる症状が長期間続く場合は、その商品が体質に合っていないことがあるので、一旦使用を中止するようにしましょう。
 
製造方法や管理がずさんな商品には不純物が含まれている可能性もあり、思わぬ副作用を招くこともあります。
医療機関で管理されているプラセンタ注射と異なり、プラセンタ食品は自分で選ぶしかありません。
より安全な商品を選ぶためにも、安全性の高い原材料や産地、健康補助食品の規格基準を満たしているかなどをよく確認するようにしましょう。

プラセンタ以外の成分に注意

プラセンタサプリやプラセンタドリンクの中には、プラセンタ以外にも有効成分が配合されていることがあります。
特に食べ物アレルギーのある方は、服用前に原材料をしっかり確認するようにしてください。

まとめ

まとめ

プラセンタ自体には、基本的に副作用はありません。
摂取後に起こる症状の多くは好転反応で、次第に治まっていきます。
頭痛や肌荒れを感じた場合でも、身体が健康な状態に戻るための変化ですのであまり気にしないようにしましょう!
 
ただし、症状が長期的に続く場合はプラセンタが体質に合っていない場合があるので、一旦使用を中止して医師に相談するようにしてください。
自分の身体の状態をよく確認しながら、プラセンタを取り入れてみてくださいね。

>>おすすめのプラセンタサプリランキング

おすすめNo.1プラセンタ