プラセンタの品質は製造法で決まる?工程・抽出方法をご紹介

プラセンタ製造法

美容や健康に関心のある方なら、1度は「プラセンタ」という言葉を聞いたことがあるはず!
興味はあるけれど、プラセンタがどのように製造されているかよく知らない、という方も少なくないのではないでしょうか?
 
そこで今回は、プラセンタの品質と製造法について徹底調査しました!
高品質なプラセンタの製造方法なども詳しくご紹介しますので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

プラセンタの安全性と危険性

製造法1

はじめに、プラセンタを安全に使用するための基本情報をご紹介します。

プラセンタの原材料

プラセンタは、ヒト以外にもブタ・ウマ・ヒツジなどの動物の胎盤を原材料としています。
 
ヒト由来プラセンタは医薬品成分のため食品に加工することができず、医療機関でプラセンタ注射として使われています。
ヒトから抽出された成分なので吸収率が良く、美容や健康に高い効果を期待できるのが特徴です。
 
ブタ・ウマなどの動物由来のプラセンタは、サプリメントや化粧品に加工されています。
一般的に性って?

ブタよりもウマの方が栄養価が高いと言われることが多いですが、動物が育った環境・製造法などで品質は変わってきます。
 
プラセンタ製品を選ぶ際は、購入する前に原材料・製造工程をしっかり吟味することが大切です。

プラセンタの危険

医療機関で使用されているヒトプラセンタは、様々な検査をクリアした安全な原材料だけを使用していますが、変形型クロイツフェルト・ヤコブ病のリスクがゼロとは言えません。
 
そのため、日本ではプラセンタ注射を打った人は献血ができない決まりとなっています。
ただ、これまで変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に罹患したという症例がないため、危険性はほとんど無いと言ってもよいでしょう。
 
動物由来のプラセンタの場合、注意したいのはウシ・ヒツジが原材料となっているものです。
日本国内では、狂牛病の危険性から牛プラセンタの製造・販売はされていません。
海外でもほとんど製造されていませんが、海外製品を購入する際はしっかりと原材料が明記されているものを選びましょう。
 
ヒツジもまた、狂牛病と似たスクレイピーという病気があることから、日本国内では製造されていません。
例外として、ニュージーランドとオーストラリアで育ったヒツジの胎盤を原材料とした輸入品のみ、販売が許可されています。
この2国はスクレイピーを発祥したことがないため、安全性が高いと言われているからです。
 
逆に原産国が不明瞭な場合は危険性が高いので、羊プラセンタを選ぶ際は要注意するようにしましょう。

ウマ・ブタはどんなプラセンタが安全?

ブタよりもウマの方が体温が高いため、寄生虫が繁殖しにくく感染症に強いと言われています。
より安全性の高い商品を選ぶなら、飼育環境や血統がしっかりしているという国内産サラブレッドが最適です。
 
ブタは一度に出産する頭数が多いため、プラセンタとして安価で販売されていることが多いです。
 
例外として、特定の微生物や寄生虫の病原菌を持たないクリーンな豚を使用した「国産SPFプラセンタ」というものがあります。
これは、日本SPF豚協会が定めた厳しい環境下で育てられたブタのことを指し、ウマ同様の安全性があるとされています。
より良質な豚プラセンタをお求めなら、国内産SPF豚を使用した商品がおすすめです。

プラセンタの品質を決める3つの製造工程

製造法2

ヒト由来プラセンタは様々な安全対策が取られており、医療機関によって安全性が保たれています。
一方、動物由来のプラセンタを購入する場合は、自分で製造工程をチェックしなければいけません。
 
ここでは、プラセンタ製品を購入する際にチェックしておきたい3つの製造工程をご紹介します。

雑菌・ウイルスなどの除去

プラセンタの原料となる胎盤には、雑菌・ウイルス・ホルモンなど人体に有害なものが含まれています。
人の手によって検査・選別・洗浄することが、プラセンタとして加工する前の重要な作業です。
 
多くの場合、加熱による滅菌処理で行われますが、プラセンタの有効成分は熱に弱いため過度な加熱処理は禁物です。
 
例外として、この工程で一切熱を使わない「ろ過」による洗浄方法や、特殊な洗浄機を採用している商品もあります。

プラセンタエキスの抽出方法

プラセンタに含まれる有効成分は熱に弱く、抽出中に壊れやすいという特徴があります。
どんなに質の高い原材料を使っていても、抽出法が悪いとプラセンタ有効成分の含有量が少なくなってしまいます。
 
近年は抽出方法が進化しており、独自の方法で高濃度な有効成分を抽出している商品も多いです。
代表的な抽出方法は次項で詳しくご紹介します。

プラセンタエキスの乾燥

抽出したプラセンタエキスは水分が混ざっている状態なので、サプリなどに加工する際は水分を飛ばして乾燥させる工程が行われます。
 
代表的な乾燥方法は、以下のようなものがあります。

加熱処理
熱を利用して水分を蒸発させる方法ですが、熱によって有効成分の多くが損失してしまいます。安価なプラセンタ商品が採用していることが多い乾燥方法です。
スプレードライ
プラセンタ原液をスプレー状に噴出し、熱風をあてて乾燥させる方法です。加熱処理ほどの高温ではないため、有効成分の損失が少ない乾燥方法です。
フリーズドライ
気圧によって水の沸点が変化することを利用し、低温で水分を蒸発させる方法です。プラセンタの有効成分を壊さずに抽出することができます。

プラセンタの代表的な抽出方法(製造法)

製造法3

プラセンタの製造工程の中でも、最も重要なのが抽出方法です。

なぜ抽出方法が大切なの?

プラセンタの品質を決めるのは、有効成分の量といっても過言ではありません。
いくらプラセンタの含有量が多くても、有効成分がほとんど含まれていないのでは効果を実感できないからです。
 
有効成分の量は、抽出方法で決まります。
原材料の質が高くても、抽出の過程で有効成分を壊してしまっては意味がありません。
 
商品によっては、コストを抑える抽出方法を採用しているがために、有効成分がほとんど含まれていないこともあるのです。
抽出方法はプラセンタの品質にダイレクトに影響するため、購入前に製造法をチェックしておきましょう!

有効成分が壊れにくい抽出方法

まず、高品質なプラセンタエキスが抽出できる方法をご紹介します。
 
抽出にかける時間や高い技術力が必要となるため価格は高くなりますが、優れたプラセンタを手にすることができますよ。

酵素分解抽出法
高品質なサプリメントの多くが採用している製造法です。
胎盤と酵素を反応させることで、不要な部分を分解して有効成分だけを抽出します。
加熱や強い薬品を使用しないので、有効成分を損ないません。
凍結酵素抽出法
凍結した胎盤を酵素の力で分解し、有効成分を抽出します。
急激な温度変化を与えることがないため有効成分が壊れにくく、高品質なエキスを抽出できます。
分子分画法
ラエンネック製法とも呼ばれる、プラセンタ注射にも採用されている抽出方法です。
特殊なフィルターを通すことで、不純物を取り除きながら有効成分を抽出します。
加熱・冷却などの温度変化を与えないので有効成分を壊す心配がありません。
培養細胞法
羊プラセンタに使われる特殊な抽出方法です。
羊の胎盤の細胞を人工的に培養し、非加熱でプラセンタの有効成分を高濃度・高純度に抽出することができます。
特許を取得した技術のため安全性も品質も保証されていますが、日本では一般的ではありません。

こんな抽出方法には要注意!

次に、高品質なエキスの抽出には向いていない製造法をご紹介します。
 
安価なプラセンタ商品が採用していることが多いので、よく確認しておきましょう。

凍結融解法
胎盤を急速冷凍した後、解凍した際に細胞壁が破壊されることを利用した抽出方法です。
冷凍と解凍の過程を数回繰り返すうちに、壊れた細胞から有効成分も流出してしまいます。
加水分解法
塩酸などの強力な酸で胎盤の細胞を破壊し、成分を抽出する製造法です。
酸によって有効成分まで壊してしまうため、高品質なエキスは望めません。

まとめ

製造法4

プラセンタの製造法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
原材料の品質はもちろんですが、高品質なプラセンタには適切な製造工程・抽出方法が大切です。
 
商品によっては企業秘密のため製造工程を明記していないところもあるので、気になる方は製造法がしっかり明記されているプラセンタを選ぶのがおすすめです。
安いからといって飛びつかず、プラセンタに求める質とコストを見極めて、ご自分にぴったりのプラセンタを探してみてくださいね!

おすすめNo.1プラセンタ