プラセンタで更年期障害が改善?種類ごとの効果の違いを調査

更年期

男女を問わず誰にでも訪れる更年期ですが、特に女性には様々な更年期の症状が現れます。
頭痛やめまい、のぼせ(ホットフラッシュ)、突然の汗などが感じられたら、それは更年期障害かもしれません。
 
そんな更年期障害を改善するために注目されているのがプラセンタです。
美容のイメージが強いプラセンタですが、一体どのような効果があるのでしょうか?
更年期障害とプラセンタの関連性について、詳しく解説します。

そもそも更年期障害って何?

更年期1

まず、更年期障害の原因や症状について解説します。

更年期はいつから始まるの?

更年期とは、閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。
個人差がありますが、日本人女性は50歳前後に閉経を迎えるため、一般的には45~55歳頃が更年期とされています。
 
また、更年期の前段階の時期を「プレ更年期」と呼んでおり、30代後半から40代にも更年期のような症状が起こることがあります。
年齢的には更年期でない場合でも、更年期障害の予兆に注意して対策を行うことが大切です。

更年期とホルモンバランスの関係

女性の体は、年齢とともに思春期・性成熟期・更年期・高齢期の4つのステージを経験します。
これらのステージと密接な関係があるのが、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」です。
 
性成熟期(30代半ば)になるとエストロゲンの分泌量はピークを迎えますが、以降は卵巣機能の低下に伴い、エストロゲン量も徐々に減っていきます。
40代半ばになるとエストロゲン量は急激に減少し、体がホルモンの急激な変化についていけず、更年期障害の症状として現れるのです。
 
更年期障害が起こる大きな要因はエストロゲンの減少ですが、ストレスや生活習慣なども複雑に関与するため、症状には個人差があります。
更年期を乗り切るためには、更年期障害で起こる体の変化についての知識を備えておくことが重要です。

多様な更年期障害の症状

更年期障害にはさまざまな症状がありますが、ここでは日本人の更年期女性に見られる代表的な症状をご紹介します。

  • 頭痛、めまい、耳鳴り
  • 突然の汗
  • 動悸、息切れ
  • 重だるさ
  • 疲れやすい
  • のぼせ、ほてり(ホットフラッシュ)
  • 肩こり、腰痛、関節痛
  • 尿トラブル
  • 肌・目・口の乾燥
  • イライラ、不眠、不安など心の症状

更年期障害の症状は実に多様で、感じ方に個人差があり、日によってつらさが違う場合もあります。
 
更年期障害を思わせる不調が感じられたら、年齢のせいだと我慢せずに適切な処置を行いましょう。

プラセンタの成分と更年期障害にもたらす効果とは

更年期2

様々な効果をもつプラセンタですが、更年期障害の改善には向いているのでしょうか?

そもそもプラセンタについて知っていますか?

プラセンタは、哺乳類の胎盤から抽出したエキスのことです。
胎盤は赤ちゃんが成長するための臓器であり、多くの栄養素を含んでいます。
 
タンパク質・糖質・脂質といった三大栄養素、そしてビタミン・ミネラル・核酸・酵素といった身体の働きを整える成分や、細胞の新陳代謝を促す成長因子などの栄養があります。

プラセンタが持つ代表的な効果・効能とは?

最近では美容面で注目されることも多いプラセンタですが、身体に必要な栄養素を効率よく補える万能薬のような成分でもあります。
 
プラセンタを摂取することで得られる代表的な効果は、以下のようなものがあります。

  • ホルモン分泌調節作用
  • 自律神経調整作用
  • 肝機能の改善
  • 疲労回復作用
  • <血行促進作用/li>
  • 抗炎症作用
  • 免疫アップ作用
  • 抗アレルギー作用
  • 活性酸素除去作用 など

特に更年期の対策として有効なのは、ホルモン分泌調整作用です。
 
更年期障害の大きな要因は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することですから、ホルモンバランスを調整することで症状の改善が期待できます。
 
また、更年期障害には頭痛・のぼせ・発汗など神経系の症状も多いですので、プラセンタの自律神経調整作用も有効だと考えられます。

一般的な治療法との違いは?

プラセンタのほか、更年期の治療にはHRT療法(ホルモン補充療法)という治療が行われています。
これはエストロゲンを補充する治療法なのですが、すべての女性が行えるものではありません。
 
乳がん・子宮がん・血栓症の治療薬を処方されている人、脳卒中や心筋梗塞を起こしたことのある人など、ホルモン治療により悪化するような病気をもった人はHRT療法が受けられないのです。
なお、子宮筋腫・高血圧・肝機能障害がある人には、投与方法や投与量を工夫しながら慎重にHRT療法が行われています。
 
一方、プラセンタはホルモンが含まれていないため、HRT療法が受けられない方でも使用できるのが特徴です。

プラセンタの種類によって更年期への効果は異なる?

更年期3

プラセンタの効果的な摂取方法は、注射とサプリメントの2種類です。

プラセンタ注射なら保険が適応する場合も!

プラセンタ注射には、人間の胎盤を使用したヒト由来のプラセンタが使用されています。
 
ヒトプラセンタは医療用医薬品として厚生労働省から認可されており、医療機関のみの取り扱いとなっています。
同じヒトのプラセンタですから吸収率に優れている上、注射でダイレクトに身体の中に入るので、即効性と高い効果が期待できます。
 
またプラセンタ注射は、更年期障害治療の保険適応が認められています。
医師の診察の元、更年期障害と診断された方や、乳汁分泌不全、慢性肝疾患による肝機能障害が認められる場合、プラセンタ注射が保険適用となります。
 
プラセンタ注射の効果を実感できるのに必要な時間は個人差がありますが、更年期障害がつらい時期こそ、間を置かずに続けることが大切です。
 
症状や病院によって異なりますが、1日1本、1週間に2~3回程度のスケジュールで注射を行うことで、大体2~3ヶ月くらいで効果を実感できる方が多いようです。
効果が出てからも、その状態をキープするためには週に1~2回の継続注射が必要となります。

プラセンタ注射の注意点

プラセンタ注射によるデメリットは、献血ができなくなることです。
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病という狂牛病に似た病気があり、輸血とともにヒトの胎盤からも伝染する可能性があると考えられているためです。
 
狂牛病と聞くと恐ろしいイメージを持ちますが、実際のところプラセンタ注射で変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に罹患した人は今までいません
このような病気になる可能性は非常に低いですが、リスクが完全にゼロとは言えないため、厚生労働省によって献血ができない決まりとなっているのです。
 
プラセンタ注射をする前に医師からも同じ話を聞くことになると思いますが、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病という病気があること、プラセンタ注射をした後は献血ができなくなることを頭に入れておきましょう。

手軽に取り入れたいならプラセンタサプリがおすすめ!

プラセンタ注射は高い効果が期待できますが、1週間に何度も病院に通うのが難しいという方や、プラセンタ注射のリスクが心配という方もいらっしゃるでしょう。
 
そんな時は、個人でも手軽に入手できるプラセンタサプリがおすすめです。
プラセンタ注射に使用されているヒトプラセンタは医薬品のため、サプリメントなどの食品には加工できません。
そのため、プラセンタサプリに使用されているのは豚・馬といった動物由来のプラセンタなのですが、これにもヒト同様の栄養素・成長因子がたっぷり含まれています。
 
サプリメントのメリットは、いつでもどこでも好きな時に摂取でき、体調に合わせて自分で量を調節できること。
そのため、「病院に行くほどではないけれど更年期の症状が気になる」「日によって更年期の症状に違いがある」という方にも最適と言えるでしょう。
 
プラセンタ注射ほど即効性はありませんが、それでも3ヶ月ほどサプリメントを続けることで効果を実感している方が多いようです。
プラセンタ注射が継続して打てないというなら、毎日プラセンタサプリを摂取した方がプラセンタの吸収率が高くなるとも言われています。

>>更年期におすすめのプラセンタサプリはこちら

まとめ

更年期4

プラセンタは、医療機関でも行われているしっかりとした治療法です。
プラセンタ注射は継続することでより高い効果を発揮しますが、通院しづらい人やリスクが気になる方には向いていません。
 
一方サプリメントは、プラセンタ注射ほどの即効性はありませんが、自分で手軽に摂取できるのがメリットです。
更年期障害の症状や生活スタイルに合わせて賢くプラセンタを取り入れ、更年期を乗り切っていきたいですね。

おすすめNo.1プラセンタ