プラセンタでセラミドは増える?まとめて摂取すればもっと美肌に!

美容成分として有名なプラセンタとセラミド
美肌のために取り入れているという方も多いのではないでしょうか?
 
しかし、それぞれにどんな効果があるかよく分かっておらず、とりあえずプラセンタ・セラミド配合の商品使っているという方も少なくなさそうです。
今回は、それぞれの違いや効率的な摂取方法をご紹介していきます。

セラミドは肌のうるおいに必要不可欠

セラミド1

セラミドは、肌の乾燥対策や保湿ケアに欠かせない美容成分です。

セラミドの働きとは

肌は何層もの角質細胞から構成されていますが、その角層細胞のすき間を満たしているのが「セラミド」です。
セラミドはスポンジのような働きで、細胞や水分をつなぎとめ肌を保湿する役割を担っています。
 
セラミドは角層の一番上にあり、肌を外部刺激から守るバリア機能の働きをします。
十分なセラミドを保っている肌はバリア機能の働きが高く、乾燥やほこりなどの外部刺激で肌荒れしにくい状態です。
肌表面もうるおっており、キメが整った美しい状態になります。

セラミドが不足するとどうなるの?

セラミドは肌の奥で生成されますが、ターンオーバーの乱れや加齢にともない生成量が減少していくことが分かっています。
 
セラミド不足は肌のバリア機能が低くなってしまい、外部刺激で肌荒れしやすい状態です。
肌表面もカサつきやすくなり、乾燥して敏感な状態になってしまいます。

セラミドは食事で摂取できるの?

セラミドは食事で摂取することができ、こんにゃく・牛乳・米、小麦などの穀物類に多く含まれています。
 
ただし、セラミドの1日の必要量は600〜1200μgと言われており、こんにゃくだと1枚の半分、お米だとお茶碗20杯以上も食べなければなりません。
1日の必要量を毎日食事で摂取するのは難しいので、サプリメントや化粧品で補うのがおすすめです。

さまざまな美容効果をもつプラセンタ

セラミド2

次に、プラセンタの効果についてご紹介します。

プラセンタは何からできているの?

プラセンタは、動物の胎盤から抽出されたエキスのこと。
胎内にいる赤ちゃんを育てるための臓器である胎盤には、豊富な栄養が含まれています。
アミノ酸・タンパク質・糖質・核酸・ビタミン類など身体に必須の成分が含まれていることから、プラセンタは天然の万能薬ともいわれています。
 
プラセンタに含まれるタンパク質には「成長因子(グロスファクター)」という成分が含まれていることも特徴です。
胎児の細胞を増殖させて成長を促進させる働きも、この成長因子によるもの。
体の細胞に働きかけるだけでなく皮膚細胞にも働くことから、健康だけでなく美容効果もあると人気となっています。

プラセンタの肌への効果は?

プラセンタに含まれる豊富な栄養、そして成長因子は肌に対してさまざまな美容効果が期待できます。

  • 肌のターンオーバーを整える
  • 肌の保湿力を高める
  • 美白効果
  • シミ、くすみの予防・改善
  • 肌のたるみ、シワの改善
  • アンチエイジング効果

プラセンタでセラミドを増やせる?

プラセンタには、ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸などの美容成分が含まれていますが、セラミド自体が含まれているわけではありません。
ですが、プラセンタにはセラミドの生成量を増やす効果があるといわれています。
 
セラミドを増やすには天然保湿因子(NMF)という成分が必要です。
この天然保湿因子はアミノ酸を主成分としているので、アミノ酸が豊富に含まれているプラセンタを摂取することでセラミドの材料を補うことができるのです。
 
さらに、プラセンタの成長因子が体内に効率よく栄養を送り届け、細胞を活性化させる働きでセラミドの生成を促進させます。
プラセンタを摂取することでセラミドの量をキープすることができ、健康的で美しい肌へと導くことができるでしょう。

プラセンタとセラミドはまとめて摂取できる?

セラミド3

最後に、プラセンタとセラミドを同時に摂取する方法をご紹介します。

相乗効果で美肌を目指せる

プラセンタとセラミドを同時に取り入れることはなんら問題ありません。
プラセンタ自体にセラミドが含まれているわけではありませんが、セラミドが増えすぎた場合でも身体に悪影響はないといわれています。
 
プラセンタとセラミドの働きはまったく異なりますので、それぞれを同時に摂取することによる相乗効果で肌によい影響をもたらしてくれます。
特に乾燥肌や肌荒れでお悩みの方は、プラセンタとセラミドをまとめて摂取するのがおすすめです。

プラセンタとセラミドが配合されている商品は?

プラセンタとセラミド、どちらも毎日摂取することが大切になりますので、できるだけ手軽な方法で取り入れたいですよね。
それぞれを別の商品で補おうとするとお金も手間もかかりますし、面倒で続けられなくなってしまったら本末転倒です。
 
そこでおすすめしたいのが、プラセンタとセラミドが同時配合されている商品です。
それぞれいろいろな摂取方法がありますが、プラセンタとセラミドがまとめて摂取できるのは、サプリメント・美容液・ドリンクの3種類があります。それぞれの違いを見ていきましょう。
 

1.サプリメント
 
プラセンタサプリの中には、ヒアルロン酸やセラミドなどの美容成分を同時配合した商品があります。
サプリの場合体内からアプローチをかけることになり、肌の深層部へと働きかけることができます。
直接肌に塗るよりも即効性は低いですが、持続的な効果をもたらしてくれます。
 
セラミドを増やすのが目的なら、セラミドの元となるアミノ酸が多いプラセンタサプリを選ぶことが大切です。
一般的に、馬プラセンタやSPF豚プラセンタを原料としている商品はアミノ酸量が多いといわれています。
プラセンタサプリを選ぶ際は、プラセンタの含有量や原材料をチェックしてみてください。
 
また、プラセンタサプリは経口摂取のため、顔だけでなく全身に効果があらわれます。
肌の保湿だけでなくプラセンタのいろいろな美容効果を実感してみたい方、身体の調子を整えたい方にもおすすめです。
>>セラミドが配合されているプラセンタサプリ

 

2.美容液
 
肌に直接塗る方法なら、プラセンタとセラミドを同時配合した美容液があります。
肌の表面を直接うるおいで満たすことができるので、サプリメントより即効性があるといわれています。
また、乾燥や肌荒れの気になる部分に重ね付けするなど、肌の調子に合わせて使い方を変えられるのも特徴です。
 
プラセンタ美容液もサプリメント同様、高濃度の商品を選ぶことをおすすめしますが、中には濃度が濃いほどニオイがきつくなるものもあります。
プラセンタ特有のニオイを消すために肌の刺激となる香料を多く使用している商品も多いので、購入前に口コミや原材料をチェックしておきましょう。
 
サプリメントと美容液は効果のあらわれ方に違いがあり、それぞれによい面があるので、併用してみるのもおすすめです。
身体の内側と外側の両方から摂取することで、より高い効果を実感できることでしょう。

 

3.ドリンク
 
プラセンタドリンクは、セラミドやビタミンなど美容成分が同時配合された商品も多いです。
最近ではジュースのように飲めるおいしい商品もあり、手軽に飲みやすいと人気になっています。
液状なので体内への浸透率が高く、サプリメントより実感が早いという口コミも多数。
忙しい時や肌荒れが気になる時など、ここぞという時のサポートとして活躍します。
 
ドリンクは、サプリメントや美容液と比べると継続するにはコストがかかります。
ドリンクの多くは200円~300円くらいで、高いものだと500円を超えるものも。
高すぎる商品は毎日取り入れられないので、普段のケアに使うなら低価格のものをおすすめします。
高額な商品はスペシャルケアとして取り入れるようにしましょう。

まとめ

セラミド4

プラセンタとセラミドのもつ働きはそれぞれ異なりますが、同時に摂取することで相乗効果を発揮します。
特に乾燥や肌荒れでお悩みの方は、プラセンタとセラミドを積極的に取り入れるのがおすすめです。
サプリメントや美容液などお好みの方法で取り入れ、肌荒れのない健康的な肌を手に入れましょう!

おすすめNo.1プラセンタ