プラセンタのシミへの効果!予防や改善にも繋がるって本当?

プラセンタ シミ

年齢とともに気になってくるシミにアプローチしてくれると話題になっている「プラセンタ」
シミの予防だけでなく、既にできてしまったシミの改善にも効果を発揮するといわれています。
 
プラセンタの前に、そもそもシミができる原因って?シミって完全に消せるの?などの疑問も多いはず!
そこで今回は、シミができるメカニズムからプラセンタの効果・摂取方法までをご紹介していきます。

シミができるメカニズムとは

プラセンタ シミ1
ある日突然あらわれるシミ。
いったいどうしてシミはできてしまうのでしょうか?
ここでは、シミのできる仕組みを解説します。

シミはどうしてできるの?

そもそもシミとは、メラニンが蓄積されることで地肌よりも濃く見える部位のことを指します。
 
肌は、紫外線などのダメージを受けるとメラニンを生成するメラノサイトが活性化されます。
本来メラニンは皮膚を守るために生成されるもので、メラニンが過剰に増えてしまうと一時的に皮膚が黒くなります。
いわゆる「日焼け」が起きるのも、このメラニンの影響です。
 
通常、肌のターンオーバーによってメラニンは徐々に皮膚表面へと押し出されていくため、しばらくすると肌の色は戻ります。
しかし、長年のダメージが蓄積していくとメラニンが過剰に作り続けられ、排出が追いつかなくなります。
また、肌のターンオーバーも乱れがちになり、肌内部に蓄積されたメラニンがシミとなってあらわれるのです。

シミにもいろいろな種類がある

シミには、大きく分けて4つの種類があります。
 
1.日光黒子
日光性黒子、老人性色素斑とも呼ばれ、多くのシミがこのタイプといわれています。
淡褐色~濃褐色まで濃さにバラつきがあり、顔以外にも手足、背中、腕など露出している部分にあらわれることが多いです。
主に紫外線が原因で、年齢とともに増えやすい傾向にあります。
 
2.雀卵斑
直径数ミリ以下の丸い斑点が頬や鼻の周りなどにあらわれる、いわゆるソバカスという種類のシミです。
遺伝性が強く、3歳頃から見られ思春期に特に目立つようになります。
その後は徐々に薄くなることが多いですが、日焼け対策をしていないとシミが濃くなる場合もあります。
 
3.炎症後色素沈着
やけど、ニキビ、化粧品が合わないなど、肌の炎症が治った後にできるシミのことです。
ニキビ跡などもこの種類のシミのひとつ。
日光黒子と違い、時間とともに徐々に薄れていくことが多いです。
 
4.肝斑
30代後半~40代以降の女性に増えるシミです。
口のまわりや頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴。
ほかのシミと比べて薄い褐色でやや大きく、広範囲にできることが多いです。
女性ホルモンが関連していると考えられており、妊娠・経口避妊薬などが原因で発症することも。
また、レーザー治療で悪化するといわれています。

シミを完全に消すことはできるの?

残念ながら、化粧品やプラセンタを使っても完全にシミを消すのは難しいのが現状。
しかしながら、きちんとケアすることで、できてしまったシミを薄くすることは可能です。
 
薄いシミならほとんど分からないほど薄くすることもできるので、諦めずにケアし続けるようにしましょう。

プラセンタはシミの予防・改善に効果的

プラセンタ シミ2

美肌になれると話題のプラセンタですが、シミに関してはどのような効果を発揮するのでしょうか?
詳しく解説していきます。

ターンオーバーを正常にしてシミを改善

哺乳類の胎盤を原材料としているプラセンタには、赤ちゃんの成長に欠かせない「成長因子(グロースファクター)」が豊富に含まれています。
成長因子には細胞を活性化させる作用があり、乱れた肌のターンオーバーを整える効果があります。
 
ターンオーバーを正常に保っていればメラニンは自然と体外へと排出されていくので、徐々にシミが薄くなる効果が期待できます。

活性酸素を抑えてシミを予防

美容に興味がある方なら、一度は「活性酸素」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
そもそも活性酸素は、外部刺激やウイルスなどの攻撃から身を守るために活躍する物質のこと。
外部からの敵を「酸化」させることで、身体を守る働きをします。
 
ところが活性酸素が増えすぎてしまうと、内臓や皮膚、骨などのあらゆる組織を酸化させてしまい、老化や病気の原因になってしまいます。
紫外線や外気などの刺激にさらされやすい顔周りは、特に活性酸素が増えやすい部位。
また、活性酸素は「過脂化メラニン」という濃い色のメラニンを生成させると考えられており、より濃いシミができやすくなるともいわれています。
 
そんな活性酵素を抑えるのが、プラセンタの抗酸化作用です。
プラセンタには、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、ミネラル類が豊富に含まれています。
プラセンタで栄養を補うことで活性酵素による酸化を軽減することができ、肌へのダメージを抑えることができるのです。

炎症を抑えてシミのできにくい肌に

ニキビを触りすぎたり、潰してしまったりすると、炎症後色素沈着というタイプのシミになることがあります。
そんなニキビ対策にも役立つのが、プラセンタの抗炎症作用です。
肌の炎症や傷の修復を促進するためニキビが治りやすくなり、シミのできにくい肌へと導いてくれます。

ホルモンバランス調整作用で美肌になる

プラセンタにはホルモン分泌のバランスを調整する作用があり、肌荒れやニキビの改善に役立ちます。
女性ホルモンが関連していると考えられている、肝斑というタイプのシミの改善にも効果が期待できるでしょう。

プラセンタでシミを改善するには

プラセンタ シミ3
プラセンタを摂取するにはいくつか方法があります。
ここでは、シミ対策に最適な摂取方法についてご紹介します。

シミ改善に効果的なプラセンタの種類

プラセンタの摂取方法は主に4つあります。
 
1.プラセンタ注射
ヒト由来プラセンタの注射剤を直接血管に注入する方法です。
どの方法よりも即効性がありますが、持続性がないので週1~2回(1アンプル1000~2000円ほど)くらいのペースで通院する必要があります。
 
2.プラセンタサプリ
かつてプラセンタといえば注射のイメージが強かったですが、最近ではプラセンタサプリも人気となっています。
プラセンタ注射と違い病院に通う必要がなく、手軽にセルフケアすることが可能です。
値段もピンからキリまで幅広く、自分に合う商品を選びやすいのもポイントです。
 
3.プラセンタドリンク
プラセンタサプリ同様、プラセンタドリンクも手軽にセルフケアできるアイテムです。
サプリよりも即効性があるといわれていますが、継続するには少々価格が高い傾向にあります(1本あたり300~500円)。
紫外線をたくさん浴びた日や、肌荒れがひどい時の応急処置として使うとよいでしょう。
 
4.プラセンタ美容液
1~3の方法と異なり、プラセンタエキスを身体の外から取り入れる方法です。
全身にプラセンタエキスが回る経口摂取と異なり、顔の気になる部分にピンポイントで使えるのがメリットです。

内外のケアでシミを撃退しよう

より効果的なケアを行いたいなら、いくつかの方法を同時に行うとよいでしょう。
内側と外側からのケアを続ければ肌のターンオーバーが整い、シミができにくい状態を保つことができます。
 
また、プラセンタにはシミ以外にもシワやたるみなどのケアに役立つので、アンチエイジングを極めたい方にもおすすめです。

まとめ

プラセンタ シミ4

シミができる最大の理由は、メラニンが肌に蓄積されること。
プラセンタで肌のターンオーバーを整え、メラニンの排出を促すことがシミの改善・予防の近道です。
そのほかにも、プラセンタのもつ抗炎症作用やホルモンバランスを整える作用が、シミ対策として大いに活躍することでしょう。

おすすめNo.1プラセンタ