プラセンタ原液ってどんなもの?美肌効果や使い方について紹介

プラセンタ原液とは

「いつもの化粧品が肌に合わなくなってきた」
「シミ・ニキビ・毛穴の開きなどの肌トラブルがなかなか治らない」
 
そんなお悩みを持っている人には、美容で注目されているプラセンタエキスの原液がおすすめです。
 
この記事では、プラセンタ原液に含まれる成分や効果、使い方のポイントについて詳しくご紹介します。

プラセンタ原液の種類と選び方

プラセンタ選び方

プラセンタは英語で「胎盤」のこと。
胎盤には、命を育むために欠かせない栄養素が詰まっていることから、健康・美容目的で使用されるようになりました。
胎盤から抽出されたエキスのことを「プラセンタエキス」と言い、プラセンタ注射・プラセンタサプリ・プラセンタ化粧品などにさまざまな用途で利用されています。
 
プラセンタは、使われている原料によってさまざまな種類があります。
それぞれが持つ栄養素や価格に違いがありますので、商品を選ぶ前に確認しておきましょう。

豚プラセンタの特徴

1年に10頭前後出産する豚のプラセンタは、手に入りやすく安価なことから多くの商品に採用されています。
 
ただし、普通の豚は薬剤を投与されていることが多いため、トレーサビリティーの明確な豚を使用している商品を選ぶことが大切です。
 
中でも安心なのは、日本SPF豚協会が認定している「SPF豚」です。
 
薬剤がほとんど投与されていない徹底した管理下で育てられた豚プラセンタを使用しているため、安心・安全かつ高い効果が期待できます。

馬プラセンタの特徴

1年に1頭しか出産しない馬のプラセンタは、豚プラセンタよりもアミノ酸が多く含まれていると言われています。
 
国内の馬プラセンタのほとんどが血統のしっかりしているサラブレッド馬を使用しているため、安心・安全です。
 
ただし生産量が少ないため価格が高くなりがちという特徴があります。

羊プラセンタの特徴

欧米や欧州では主流となっている羊プラセンタですが、日本では感染病の危険性があることから製造が禁止されているため、流通量が極端に少ないです。
 
日本で購入するなら通販になりますが、選べる商品が限られているため初心者にはおすすめできません。

海洋性プラセンタの特徴

卵から生まれる魚には胎盤がないので、正確に言えばプラセンタとは異なります。
 
しかし最近では、卵を包んでいる「卵殻膜」という部分に含まれる栄養素が注目されており、「海洋性プラセンタ」と呼ばれるようになりました。
 
ただし動物由来のプラセンタとは違い「成長因子」が含まれていないため、プラセンタ本来の効果を実感したいという方は注意するようにしてください。

植物性プラセンタの特徴

植物にも胎盤はありませんが、植物の「胎座」という部分を使用したものを植物性プラセンタと呼ぶようになりました。
 
胎座とは種の周りにある部分のことを指し、動物由来のプラセンタ同様の豊富な栄養素が含まれています。
 
ただし、海洋性プラセンタ同様「成長因子」は含まれていないため、動物由来のプラセンタとは別カテゴリーの商品として考えるようにしてください。

プラセンタ原液の製造方法

プラセンタの作られ方

「原液」と聞くとプラセンタ100%なのかと思われがちですが、実際にはプラセンタ以外の成分も含まれているのが現状です。

プラセンタ原液に含まれる成分とは

胎盤は固体のため、化粧品に加工する際にエキスを抽出する必要があり、抽出の過程で必ず「水」、抽出するための「薬品・溶剤」などが加わります。
 
使用される水や溶剤の量はメーカーや製造方法によって異なりますので、プラセンタ原液の濃度も商品によって変わってくるのです。
 
一口にプラセンタ原液と言っても中身には違いがありますので、純度が高い高品質な商品を見極めることが大切です。

プラセンタエキスの抽出方法

代表的な抽出方法には以下のようなものがあります。

酵素分解抽出法
胎盤と酵素を反応させることで、プラセンタの不要な部分を分解して有効成分だけを抽出します。
凍結酵素抽出法
凍結した胎盤を酵素の力で分解し、プラセンタの有効成分を抽出します。
分子分画法
プラセンタ注射にも採用されているラエンネック製法とも呼ばれる抽出方法です。
特殊なフィルターを通して抽出することで、不純物を取り除きながら有効成分を抽出します。
凍結融解法
胎盤を急速冷凍してから解凍した際に、細胞壁が破壊されることを利用した抽出方法です。
壊れた細胞から有効成分も流出してしまうため、高品質なプラセンタエキスは望めません。
加水分解法
塩酸などの強力な酸で胎盤の細胞を破壊して成分を抽出する方法です。
酸によってプラセンタの有効成分も壊れてしまうため、原液の品質も下がってしまいます。

プラセンタエキス原液に含まれる主成分

プラセンタ主成分

プラセンタには、以下のような成分が含まれています。

若返りが期待できる「成長因子」

成長因子には細胞分裂を活発にする作用があり、新陳代謝促進・エイジングケアなどに期待されています。
 
海洋性プラセンタ・植物性プラセンタには含まれていないので、成長因子を取り入れたいなら動物由来のプラセンタ原液を選ぶようにしましょう。

美容に欠かせない栄養素

プラセンタには、人間の体に欠かせない豊富な栄養素が含まれています。

アミノ酸
人間の体の基となる成分です。
肌の天然保湿成分やコラーゲンもアミノ酸で構成されています。
ビタミン類
美容に欠かせない成分です。
ビタミンB1・B2・B6・B12・C・D・E・ナイアシンなどビタミン類が豊富に含まれています。
ミネラル
みずみずしいお肌やツヤのある髪、代謝を上げるために必要な栄養素です。
核酸
新陳代謝を調整するのに必要な成分です。
新しい細胞が作られることで、肌のターンオーバーやアンチエイジングに効果を発揮します。

プラセンタ原液はシミ・ニキビ・毛穴などに効果的

シミなどに効果的

プラセンタエキス原液には美容に欠かせない成分が豊富に含まれているため、1つ取り入れるだけでいろいろな効果が期待できます。

肌のターンオーバーを促す

成長因子が含まれているプラセンタは、ターンオーバー(肌の新陳代謝)の活性化を促進させます。
 
ターンオーバーが正常化することは、肌のくすみ・乾燥・大人ニキビ・シミ・毛穴の開き・毛穴のたるみなどの改善につながります。

美白効果やシミ対策

プラセンタにはメラニン色素の生成を抑える作用が期待できるため、美白効果が期待できます。
 
紫外線をたくさん浴びた時のシミ対策にも効果的です。

保湿力をアップして乾燥対策

肌の水分を保持するNMF(天然保湿因子)の主成分はアミノ酸なので、プラセンタを取り入れることで保湿効果が高まります。
 
乾燥肌や乾燥による毛穴の開きにも効果的です。

プラセンタエキス原液の副作用は?

副作用

プラセンタエキス原液に副作用はあるのでしょうか?

基本的には副作用の心配はない

プラセンタは医療機関でも使用されているため、副作用が起きるというイメージも強いようです。
 
しかし、医療で使用されているプラセンタエキスは人間の胎盤を使用した「ヒト由来プラセンタ」に限られているため、化粧品に配合されるものとは異なります。
 
化粧品に使われるプラセンタエキスは医薬品成分ではありませんので、基本的に副作用の心配はありません。

気になる方はパッチテストを!

ただし、人によってはアレルギー反応を起こす場合や肌と合わないこともあるため、肌が敏感な方はパッチテストを行い、肌に異常が起きないかチェックしておきましょう。
 
また、プラセンタエキス原液は濃度が濃いほどニオイが強く、保存期間が短いものが多いです。
 
したがって、商品によっては香料や防腐剤が多く配合されていることもあるため、肌に強い刺激を与えることも。
 
肌がデリケートな方は購入前に成分表を確認したり、プラセンタ特有のニオイが少ない商品を選ぶようにしてください。

プラセンタエキス原液の使い方

プラセンタの使い方

最後に、プラセンタエキス原液の使い方についてご紹介します。

基本的な使い方

プラセンタエキス原液は、化粧水の前のブースターとして使われるのが一般的です。
 
洗顔後の肌に塗ることを推奨している商品が多く、プラセンタエキス原液→化粧水→乳液の順番で使用します。
 
プラセンタエキス原液はそのまま肌にのせるのではなく、手のひらで少し温めてから塗ることで浸透力がアップします。
 
ゴシゴシとこすらないように気をつけ、両手で顔全体を包みこむようにじっくりと浸透させるようにしてください。

気になるシミやシワ、毛穴に使う

目元や口元のシワ・シミ・毛穴の開きなどが気になる部分には、集中的に塗ることで効果がアップします。
 
気になる部分に重ねづけしたり、コットンに染み込ませたりしてケアしましょう。
 
分子の細かいプラセンタエキス原液はイオン導入と併用したり、ビタミンC誘導体と一緒に使ったりして相乗効果を狙うのもおすすめです。

まとめ

プラセンタ原液まとめ

プラセンタ原液についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
 
プラセンタエキス原液はプラセンタ注射・プラセンタサプリと異なり体内に直接取り入れるものではないため、基本的には副作用の心配はありません。
 
使い方も簡単なので、ぜひ日々のスキンケアにも手軽に取り入れてみてくださいね。

おすすめNo.1プラセンタ