プラセンタ注射ってどんなもの?効果から副作用まで紹介

プラセンタの注射

健康や美容に良いと人気のプラセンタ。

プラセンタを摂取する方法としてサプリやドリンクなどがありますが、その中で特に効果を実感しやすいのがプラセンタ注射と言われています。
 
このページではプラセンタ注射がどのような物かという点から、プラセンタ注射の効果、副作用などを詳しくお伝えしていきます!

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射とは厚生労働省に認可されている医療用の医薬品を使用して皮下注射することにより、特定疾患を治療する行為です。

特定疾患の中には慢性肝疾患や更年期障害が挙げられ、それ以外にもシミ・シワ・ニキビの改善に使用されることがあります。

ただし、シミなどの改善は特定疾患外となりますので、保険適用外となっています。

現在日本で利用されているプラセンタ注射には以下の2種類があり、それぞれ医療用として使える分野が異なります。

  • ラエンネック
  • メルスモン

「ラエンネック」日本生物製剤

肝機能障害の治療剤として認可を受けているのが「ラエンネック」です。
 
蛋白分解剤(ぺプチン)+加熱分解を中心に行い蛋白質をバラバラにする方法で作られており、メルスモンに比べてプラセンタの濃度が濃いというのが特徴です。
 
ただ、分子量が大きいので注射時に痛みを伴いやすいというデメリットもあります。
 
疲れ・抗老化に対する治療を目的とする人はラエンネックがおすすめです。

「メルスモン」メルスモン製薬

「メルスモン」は主に更年期障害や乳汁分泌不全の治療に使用されています。
 
製造は塩酸分解及び長時間の高熱加熱分解を行っているので、ラエンネックに比べると分子量が小さくなっており、痛み自体も少なくなっています。

成分の中には局所麻酔薬が含まれているため、『点滴』使用となると血圧低下によるショックを起こすリスクがあります。
 
ただし、美容目的の『注射』であれば問題ないため、安全に利用することが可能です。

プラセンタ注射の効果

プラセンタ

プラセンタ注射は更年期障害・肝機能障害の改善という点で効果があります。
 

これらは厚生大臣認可のもと治療目的で使用されていますが、主に以下のような疾患においても効果を期待できるようです。
 

  • 外科系疾患:リウマチや関節症、神経痛など
  • 婦人科系疾患:更年期障害や月経不順など
  • 泌尿器系疾患:膀胱炎や前立腺肥大など
  • 精神神経系疾患:自律神経失調症やうつ病など
  • 歯科系疾患:歯槽膿漏や歯周病など
  • 眼科系疾患:白内障やアレルギー性結膜炎など
  • 耳鼻咽喉科系疾患:メニエール病や花粉症、アレルギー性鼻炎など
  • 臓器疾患:ウイルス性肝炎、肝硬変など

 
さらに、美容・健康の面では以下のような効果を期待できます。
 

  • 疲れが取れる
  • 睡眠の質が良くなる
  • 月経不順や月経困難症の改善
  • 肌がしっとりする
  • 冷え性の改善
  • 風邪を引きにくくなる
  • 集中力が高まる
  • イライラの改善
  • 肩こり・腰痛・疲れ目などの改善

プラセンタ注射に含まれている成分

プラセンタ注射がもたらすこれらの効果は、プラセンタに含まれている成分によります。
 
必須脂肪酸・必須アミノ酸などの人間の皮膚や体を作る成分だけでなく、酵素やミネラル、ビタミン、核酸などの生理活性成分や、細胞の新陳代謝を促す成長因子などの栄養を豊富に含んでいます。
 
これらの栄養分や成長因子の成分が美容や健康に効果をもたらしてくれます。

プラセンタ注射を受ける頻度や間隔は?

プラセンタ注射の効果は、注射を打ってから2~3日ほど持続すると言われています。
 
注射を受ける間隔については病院によって推奨する頻度が異なるのですが、開始時の1ヶ月ほどは週に2~3回、その後は1~2週間に1回程度を目安とすると良いでしょう。
 
体調や体質によって自分に合う頻度は異なりますので、頻度や間隔は医師と相談して決めることをおすすめします。

プラセンタ注射の相場は?

相場

プラセンタ注射にかかる基本的な相場は500~3,000円程となります。
 
金額に幅があるのは保険診療が適用されるか否かで費用が大きく変わるためです。

疾患治療目的であれば1回500円程

肝機能障害・更年期障害の治療が目的の場合は保険診療の適用が可能になるため1回辺り500円程度で利用することが可能です。
 
これを推奨されている頻度の目安に当てはめると初月は約4,000円程(週2回ペース)、次の月からは月2,000円程(週1回ペース)が相場となります。

美容目的の場合は1回3,000円程

保険診療が適用されない美容・健康目的の場合は1回辺り3,000円前後が相場です。
 
この値段で実際に通うとなると初月は24,000円程(週2回ペース)、2ヶ月目以降は月12,000円(週1回ペース)となるので、保険診療に比べると出費が高くなります。

プラセンタ注射を受けるデメリットは?

デメリット

様々な効果が期待できるプラセンタ注射ですが、良いことだけではなくデメリットも存在します。

プラセンタ注射の主なデメリットは以下の通りです。

継続して使用するとコストが高い

プラセンタ注射は開始してから2~3回程で効果を感じると言われていますが、効果を継続するとなると定期的にプラセンタ注射を受け続けないといけません。
 
一度は感じた効果が低下してしまうと、それに耐えられず依存的になってしまうというケースもあるようです。

副作用が出る人もいる

プラセンタ注射について深刻な副作用がでたケースは今までほとんどありませんが、ごくまれに発熱・発疹・かゆみなどの症状が現れる場合があります。
 
また、好転反応(体が良い方向に向かっている時に起こる反応)としてニキビが増えたり発汗しやすくなるという人もいるようです。

献血ができなくなる

厚生労働省の指示により、プラセンタ注射を過去に打ったことがある人は献血ができなくなりますので注意が必要です。
 
プラセンタ注射では感染症などの疑いがないヒトのプラセンタを使用しています。

しかし、感染症には未解明な部分が多く、厳しい検査をクリアしたプラセンタ注射薬であっても万が一のケースを考えて献血は不可とされています。
 
因みに、献血に関しては過去に1度でもプラセンタ注射を受けたことがある人は皆、献血不可となりますので「現在はプラセンタ注射をやっていない」という人であっても献血はできません。

プラセンタ注射を利用する時はデメリットも理解しておこう

まとめ

プラセンタ注射をおすすめするのは主に以下のような人です。

  • 肌の衰えが気になる人
  • 更年期障害のある人
  • すぐに疲れる・疲れが取れにくい人
  • 集中力が続かない人
  • イライラしやすい
  • 睡眠の質が悪い人

美容や健康だけでなく疾患の治療にも使用されているプラセンタ注射。
 
芸能人や著名人で使用している人も多く、効果は実感しやすいようですが、その反面献血ができなくなる・費用がかかる・継続して通院する必要があるなどのデメリットも存在します。

ただ「効果が高そうだから」と飛びつくのではなく、費用やリスクも理解した上で信頼できるクリニックで利用するようにしましょう。
 
プラセンタ注射のリスクを考えると利用が難しいという人は、手軽に利用できるプラセンタサプリがおすすめです。
 
自分の体質や体調だけでなく、コストや目的に合わせて自分に合ったプラセンタを選んでくださいね。

おすすめNo.1プラセンタ